WordPressテーマ
ペルソナ

「WordPressのテーマはどれを選べばいいんだろう?」
「初心者でも簡単にサイトが作れるテーマを選びたいな。」

世界のサイトの約3割はWordPressで作られているというほど、WordPressは人気のCMSです。
テンプレートを変更することで初心者でも簡単に自分好みのサイトやブログを作れるのが魅力的ですよね。

ですが、そのテーマも公式テーマとして登録されているだけでも数千個。
公式テーマを含めないと海外の方もたくさん作っているので、数万個ではすまない量かと思います。

そのため、初心者の方は特に、玄人の方でもどのテーマを選べばいいのか迷ってしまいます。
実際に僕もWeb制作の仕事を受注してクライアントのサイトを作る際に色々なテーマを見て迷っている時期がありました。
しかも、WordPressテーマについてググっても色々おすすめされているので、「結局何が良いかわからない…」という感じになってしまうんですよね。

多分同じような境遇で本記事にたどり着いた方も多いはず。
でも安心してください。

今回、本記事を執筆するに当たって以下のようにアンケートを実施し、人気のテーマを厳選しました。

  • アンケート方法:インターネット調査
  • アンケート対象:WordPressでサイトやブログ運営している298名
  • アンケート期間:2021/4/16~23

結論だけ知りたい方向けに、有料と無料のテーマそれぞれの人気TOP3を紹介すると以下の通りです。

人気テーマの詳細を今すぐ見る

※ページ下部へ遷移します。

ただし、ご存知の方は察するかと思いますが、上記のテーマはいずれもブログやアフィリエイトに向いたテーマです。
本記事を見ている方の中には、会社やお店などを運営していてサイトを作ろうとテーマ探ししている方もいるかと思います。
なので、17個の目的別で使いやすいテーマもWebのプロの僕が30個厳選して紹介します。

ミツキミツキ

「というわけで、こんにちは。
本記事は、WordPress歴3年くらいでWeb制作やSEOコンサルの仕事をしているミツキが解説します。」

本記事では、初心者の方でも簡単にサイトを作れるように以下の順に解説していきます。
どのテーマがおすすめかすぐに知りたい方は、人気テーマ詳細から見て頂ければと思います。
それでは、見ていきましょう。

WordPressテーマの選び方で重要なポイント

まず重要な考え方として、WordPressテーマの選び方のポイントを紹介します。
実際に使用して感じた評価ポイントという観点での選び方は、初心者必見!WordPressの有料テーマおすすめ9つ【プロと155名が厳選】にて解説をしています。

ここでは、アンケートを取った298名が各WordPressテーマを選んだ理由として、最も大きいポイントはなにか?という観点で解説します。
298名の選んだ理由をグラフにまとめると以下の通りです。

WordPressテーマ選び方

1位から順番に7位まで一つ一つ見ていきましょう。

ポイント1.初心者でも扱いやすい

1番目にWordPressテーマを選ぶ上でのポイントは、「初心者でも扱いやすい」という点です。
WordPressなどのCMSは本来初心者でも簡単にサイトを作れるためのツールです。

ですが、WordPressの中には初心者には扱いづらいテーマもあります。
表示を変えるためにはコーディングが必要だったり設定方法がわかりづらかったり…

本サイトに関しても、コーディングが多少できないと扱いづらいMinimalというテーマを使っており初心者には向かないテーマです。
慣れてくれば問題ないですが、初心者の方が最初から難しいテーマを使ってしまうと挫折する要因となってしまいます。

なので、なるべく初心者でも簡単にサイトを構築できるテーマを選択することが大事です。

ポイント2.シンプルさ

続いて2つ目はシンプルさです。
シンプルさに関しては、多分好みによって分かれる部分かなと思います。

  • ポップさを重視
  • かわいらしさを重視
  • かっこよさを重視

のようななかの一つとしてシンプルさを重視する方が多いという話ですね。
本記事では、目的別のおすすめテーマでシンプルさを重視したテーマの紹介もしていますし、ブログにおすすめなテーマでもシンプルなものが多いです。
なので、シンプルさを重視したいという方も是非参考にしてみてください。

ポイント3.口コミで評判が良かった

3つ目のポイントは、口コミでの評判の良さです。
口コミを見ることによって実際に利用している方の感想を知ることができるので、WordPressテーマに限らず口コミを見る方は多いかと思います。

なので、本記事でブログにおすすめなテーマと無料テーマで紹介する11個は利用者のアンケートで評判が良かったものを紹介しています。
人気のテーマをすぐに知りたいという方は、以下のボタンをクリック(タップ)して確認してみてくださいね。

人気テーマの詳細を今すぐ見る

ポイント4.カスタマイズのしやすさ

次にカスタマイズのしやすさもテーマを選ぶ理由として重視されています。
初心者でも扱いやすいというのに少し似ていますが、カスタマイズのしやすさは主に以下の点ですね。

  • マウス操作だけでデザイン・色が変更できる
  • 様々な配置換えもマウス操作だけでできる
  • コーディングでカスタマイズする部分も変更しやすい(わかりやすい)
  • マニュアルやサポートがしっかりしている

僕もこれまで色々なテーマを使ってきましたが、カスタマイズのしやすさはテーマによって大きく違います。

ポイント5.SEOに強い

5つ目のポイントは、SEOに強いという点です。
ここで一つ注意点なのですが、SEOコンサルをしている僕の感覚として本記事で紹介しているテーマは特にテーマによってSEOに強いというのはあまりありません。

もちろん最低限のSEO最適化の設定(SEO内部対策)がされているのが前提となりますが、昨今のSEOで重要なのは内部対策よりもコンテンツの質です。
逆に言うと、内部対策があまり施されていないサイトでもコンテンツの質が良かったり権威性があったりという理由で上位に来ているサイトもあります。

なので、しいて言うのであればSEOで見ておくべき点は以下のポイントです。

  1. 表示スピードが遅くないか
  2. 逐次更新がされているか
  3. SEOに関するマニュアルがついているか

    3つ目に関しては、賢威が突出して優れている部分ですが、Googleのアルゴリズム変更などの要因により1つ目と2つ目に関しても重要です。
    特に2021年6月にランキング要因となるコアウェブバイタルへの対応など、時代の変化に合わせてしっかりと更新をしてくれるテーマを選んだ方が良いでしょう。

    ポイント6.デザイン

    続いて6つ目のポイントはデザイン面です。
    サイトを運営する目的によって、選ぶべきデザインは変わってきます。

    例えば以下のような感じですね。

    • ベンチャー企業・・・かっこよさやサイバー感のあるデザイン
    • 美容関係・・・美しさやキレイさを重視したデザイン
    • 病院やクリニックなど・・・信頼感のおけるデザイン

    デザインによってサイトのイメージ、もっと言うとブランディングに大きく影響します。
    なので、選び方の6番目という位置づけですが、直観を大事にしつつもサイトの目的に合わせたデザインを選択することが大事です。

    ポイント7.かっこよさ

    最後の7つ目のポイントは、かっこよさです。

    上記でも挙げたようにベンチャー企業のサイトを作る際などは、かっこよさを重視する場合もありますよね。
    ベンチャー企業の他にも、以下のような目的でサイトを作る際はかっこよさを重視するのではないでしょうか?

    • 男性向けのパーソナルジム
    • ビジネス系で活躍する個人のポートフォリオ
    • IT系の求人サイトやプログラミングスクール

    以上7つが今回アンケートを取った結果で、WordPressテーマを選ぶ際に重視したポイントですが、テーマを選ぶ前に何を優先するかを決めておくことが重要です。

    ※公式テーマから探すのはおすすめしません

    WordPressテーマを探す方法として、公式テーマから選ぶという方法があります。

    公式テーマとは、「WordPress テーマ | WordPress.org 日本語」にて掲載されているテーマのことです。

    WordPress公式テーマ

    ただし、この公式テーマから選ぶのはおすすめしません。
    なぜかというと以下の3つの理由からです。

    • 数が多すぎてそもそも選ぶのが超大変(2021/4/29時点で8269個あります)
    • 目的に応じたテーマを選びづらい(「特徴で絞り込む」で検索はできるものの初心者は特によくわからない)
    • 海外製で日本人には使いづらいテーマがほとんど

    実際に公式テーマから選んでサイトを作ってみたこともありますが、正直メチャクチャ使いづらかったです…。
    なので、本記事のようにおすすめを紹介している記事から選ぶか、「wordpressテーマ ブログ向け」などのように目的に合わせたワードで調べて出てくるテーマを選ぶのが無難です。

    ただ、その中でもう一つ迷うのが次に解説する「有料テーマを選ぶべきか?無料テーマを選ぶべきか?」という点です。

    有料のWordPressテーマを選ぶべきか?無料テーマを選ぶべきか?

    無料でWordPressテーマを手に入れられるのであれば、「無料が良いじゃん・・・」と思う方もいるかと思います。
    ただし、本当に無料のWordPressテーマで良いのでしょうか?

    おすすめは断然有料のWordPressテーマです

    Web制作やSEOコンサルをしている僕のおすすめは断然有料テーマです。

    本記事で紹介する以下のテーマに関しては、確かに機能やカスタマイズ性も高く人気もあります。

    • Cocoon
    • Luxeritas
    • Lightning
    • BusinessPress

    ですが、次に挙げるような理由により有料のWordPressテーマをおすすめします。

    有料のWordPressテーマがおすすめな理由

    有料テーマがおすすめな理由を挙げると色々ありますが、主に以下の要因が大きいです。

    • マウス操作でカスタマイズできる内容が限られる
    • Googleのアルゴリズム変更などへ対応される可能性が低い
    • 更新が止まっているテーマはセキュリティ上の問題が発生する可能性がある
    • 利用するに当たって商用利用NGなど成約が発生する場合がある

    ある程度無料でもサポートがしているテーマもありますが、マネタイズをしっかりしていない無料テーマは保証がありません。
    セキュリティ上のリスクに関しては、仮にWordPressテーマに問題があってサイトがハックされた場合、大きな損失が生じる可能性があります。

    なので、できる限り有料テーマを使用することをおすすめします。
    その前提をおさえた上で、次に本題であるおすすめのWordPressテーマの紹介をしていきます。

    WordPressの有料テーマでブログにおすすめな8選

    まずは、WordPressの有料テーマでブログにおすすめな8つを紹介します。
    なお、こちらの内容については以下の記事の方が詳しく解説をしています。

    もし詳細が見たいという方は上記の記事を参考にして頂ければと思います。

    ブログを有料テーマで開設するのであれば、人気でおすすめなテーマは以下の8つとなります。

    稼ぐに特化したブログやアフィリエイトに強い「AFFINGER」

    AFFINGER

    料金(税込)¥14,800
    おすすめポイント
    • 稼いでいるブロガーが愛用している
    • ブログだけでなく企業のホームページでも使われている
    • 売上を上げるためのデザインで洗練されている
    概要AFFINGERは「稼ぐに特化した本格WordPressテーマ」をコンセプトとしているテンプレートです。

    有名ブロガーや稼いでいる様々なアフィリエイトサイトで使われていることもあり、近年非常に人気が高まってきています。
    ブログ・アフィリエイトサイトだけでなく、ホームページとしても使用できる万能型のWordPressテーマです。

    購入するとデザイン済みのテーマも無料で手に入れることができるので、プログラミング知識がない方でもマウスの操作だけで色々なデザインに変更することができます。
    実際に利用している方の口コミも良いので、AFFINGERを選んでおけばほぼ失敗はないと言えるでしょう。

    今購入すると、期間限定でサイト運営が楽になる無料プラグインがもらえます。
    ※既に無料特典が終了していたらすみません。無料特典があるかは購入ページでご確認ください。

    AFFINGER購入ページで詳細を見る

    無料でAFFINGERのデモを見る
    AFFINGERの評判を見る

    初心者でもカスタマイズがしやすい「JIN」

    JIN

    料金(税込)¥14,800
    おすすめポイント
    • アフィリエイターが制作しているので、ブログやアフィリエイトに最適化されている
    • 初心者にも使いやすいようなカスタマイズが色々とされている
    • 初期のデザインが10種類以上あるので、好みから選べる
    概要JINはアフィリエイターとして著名なひつじさんが制作したWordPressテーマです。
    初心者にも扱いやすく利用者が多いことから僕も一番最初に導入したのはJINでした。主にブログやアフィリエイトに向いたテーマと言えますが、コーディングができるのであればホームページなどでも使用可能です。ただし、PageSpeed Insightsの数値や下記の評価を見ればわかる通り、サイトの表示速度が少し課題と言えます。
    一応僕は色々と策を講じてサイトスピードを改善することに成功したので、設定方法は別ブログのJINのレビューにて解説をしています。なお、既に解説をした通りConoHa WINGと一緒に購入することで割引で購入することができます。

    ConoHa WINGと一緒に購入すると550円OFFで購入できます。

    ConoHa WINGと一緒に購入する

    JINのデモを見る
    JINの評判を見る

    集客・収益に徹底的にこだわった「THE THOR」

    THE THOR

    料金(税込)¥16,280
    おすすめポイント
    • 機能面の充実さの評価が突出している
    • 集客や収益化するための効果的な機能が優れている
    • デザインが整っていておしゃれ
    概要THE THORは、集客・収益に徹底的にこだわったWordPressテーマです。

    機能面が特に際立って評価が高く、サイト運営するための仕組みがしっかりと作られています。
    あたかもプロのデザイナーがいるのではないかと思うようなデザインのサイトが作ることができるので、デザインにこだわりたい方にもおすすめです。

    THE THOR購入ページで詳細を見る

    無料でTHE THORのデモを見る
    THE THORの評判を見る

    ユーザーフレンドリーな「SANGO」

    SANGO

    料金(税込)¥11,000
    おすすめポイント
    • ユーザーフレンドリーなデザインで洗練されている
    • Web制作に長けているサルワカの中の人が制作
    • デザインが豊富
    概要SANGOは、デザインや表示速度に長けたWordPressテーマです。
    それもそのはず、Web制作に関するコーディングをググったことある方なら大抵が目にしたことがあるサルワカの中の方が作っています。

    ConoHa WINGと一緒に購入すると1,100円OFFの9,900円で購入することができます。
    つまり、本記事で紹介しているテーマの中で一番安く購入することが可能です。

    ConoHa WINGのパックで1,100円OFFで手に入れる

    SANGOのデモを見る
    SANGOの評判を見る

    シンプルさとデザインにこだわった「STORK19」

    STORK19

    料金(税込)¥11,000
    おすすめポイント
    • デザインがポップで整っている
    • モバイル表示になによりもこだわっている
    • エディターを使いやすくする工夫がされている
    概要STORK19は、前身のSTORKから機能面のパワーアップと表示スピード改善が行われたテーマです。
    つまり、既存テーマで出た課題をしっかり改善されたものということになります。サイト運営する上で課題を改善していく事は不可欠ですが、テーマ側でもしっかり行ってくれることになるので安心して使用することができます。デザインや機能面に長けているため、WordPress初心者の方でも整ったデザインのサイトやブログを作ることが可能です。

    STORK19購入ページで詳細を見る

    無料でSTORK19のデモを見る
    STORK19の評判を見る

    総合評価が高くおしゃれで格好いい「SWELL」

    SWELL

    料金(税込)¥17,600
    おすすめポイント
    • 総合評価が高い
    • おしゃれでかっこいいデザイン
    概要SWELLは美しいデザインのWordPressテーマです。

    総合評価で見ると最も高い数値で満足度も高いテーマと言えます。
    ただし、表示速度に関してはページ毎にかなりの開きがあり、カスタマイズの仕方によっては表示スピードが遅くなる可能性があります。

    その辺の表示速度改善についての知識がないまま使用すると表示速度が遅くなる可能性があるので注意が必要です。

    SWELL購入ページで詳細を見る

    SWELLのデモを見る

    シンプルさを追及した「SWALLOW」

    SWALLOW

    料金(税込)¥9,900
    おすすめポイント
    • とにかくシンプルさを追求したテーマ
    • ブログで使うのに最適化されている
    • プロブロガー八木仁平さんが監修している
    概要SWALLOWは、シンプルさや初心者でも扱いやすいという面から選ばれることが多いWordPressテーマです。

    プロブロガーが監修しており、必要最低限のみの機能におさえシンプルさにこだわっています。
    シンプルなデザインのブログを使いたい、自分で色々カスタマイズしたいという方におすすめです。

    SWALLOW購入ページで詳細を見る

    無料でSWALLOWのデモを見る

    SEOマニュアル付属!ホームページ作成にも向いている「賢威」

    賢威

    料金(税込)¥27,280
    おすすめポイント
    • SEOに強いウェブライダーが制作・実際に使っている
    • デザインがシンプルで整っている
    • SEOノウハウやコンテンツ制作のマニュアルがついている
    概要賢威は、僕も使用していて気に入っているWordPressテーマです。
    Webマーケティング業界であれば知らない人がほとんどいない「沈黙のWebマーケティング」著者の松尾さんが代表を務めるウェブライダーが作ったもの。最新バージョンの賢威8はシンプルなつくりになっていますが、前身の賢威7は色々なデザインの中から自分好みのサイトを作ることができます。(購入すれば賢威8と7両方使えます)
    購入者のみが見られるマニュアルやサポートがしっかりしており、SEOやコンテンツ制作のマニュアルがついているというのも魅力の一つです。

    賢威購入ページで詳細を見る

    無料で賢威のデモを見る
    賢威の評判を見る

    WordPressの無料テーマ人気3選

    次にWordPressの無料テーマで人気の高かった3つを紹介します。
    298名のアンケート結果で利用者が多かった順にまとめると以下の通りです。

    テーマおすすめな要素利用人数
    Cocoon圧倒的な人気。無料ながら有料級の高機能という評判が多い。90名
    LuxeritasTOPクラスで超高速なWordPressテーマ。10名
    Lightningブログとホームページ両方で利用可能。6名

    既に解説した通り、無料テーマはおすすめしません。
    ただ予算が限られる場合やセキュリティなどのリスクを自分で何とかできるという方は利用を検討するのもありです。
    なお、3つ目のLightningについてはライセンスを購入することでサポートをつけることもできます。

    一つずつ見ていきましょう。

    圧倒的人気でシンプルな無料テーマ「Cocoon」

    Cocoon

    料金(税込)完全無料
    おすすめポイント
    • 無料とおもえないくらい高機能
    • 見た目は非常にシンプルなつくり
    • 無料テーマの中ではサポートがしっかりしている
    概要今回298名にアンケートを取って、実に3割の方がCocoonを利用しているほど利用者の多いテーマです。

    スキンも色々と選択することができるので、シンプルなデザインからポップなデザインまで色々なデザインが選べます。
    ただし、スキンを使用するとサイトスピードが大きく低下する可能性がある点が注意ポイントです。

    デモ環境をPageSpeed Insightsで計測するとモバイルで38だったので(2021/4/29時点)、かなり伸びしろがありと言えますね。
    使用するのであればサイトスピードも気にしながら使用するようにしましょう。

    Cocoonのデモを見る

    超高速な無料WordPressテーマ「Luxeritas」

    Luxeritas

    料金(税込)無料
    ※有料プラグイン
    おすすめポイント
    • 表示スピードが超高速
    • ブログやアフィリエイトサイト向きのシンプルなデザイン
    概要Luxeritasは、WordPressテーマでTOPクラスの表示スピードのテーマです。
    PageSpeed Insightsで計測するとモバイルもPCも100 / 100をたたき出しました(2021/4/29時点)シンプルなデザインでカスタマイズ性がそこまで高くないこと、フッター下の提供元の表示を消すには有料のプラグインを購入する必要があるという点がネックです。
    ※PHPでカスタマイズすれば消えるテーマもありますが、Luxeritasに関しては特殊なつくりをしており、消すことができません。

    Luxeritasのデモを見る

    ブログでもホームページでも使える「Lightning」

    Lightning

    料金(税込)無料
    ※スキンなどを変更する場合は有料
    おすすめポイント
    • シンプルなデザインでブログでもホームページでも使える
    • 無料プラグインで機能追加することができる
    概要Lightningは、ビジネスにもブログにも使うことができるWordPressテーマです。
    僕が受託したWeb制作でもこのLightningを使用して作成したサイトがあります。(藤が丘整骨院)シンプルな作りのサイトを作りたいのであれば、無料で行うことができます。
    また、Lightning Proという機能追加を購入し、以下のようなデザインを追加することが可能です。

    Lightningのデモを見る
    Lightningの評判を見る

    目的別で選ぶWordPressテーマ29選

    ここまではブログやアフィリエイトサイトを運営するのに特におすすめなWordPressテーマを紹介してきました。
    298名のアンケート結果を元におすすめを紹介してきたわけですが、これ以降に関してはWeb制作やSEOコンサルとしてフリーランスで働く僕の主観でおすすめなテーマの紹介となります。

    「…信頼できないぞ!」という方は画面を閉じて頂いても大丈夫ですが、以下5つを基準に選んでいます。

    • SEO対策がしっかりされているもの
    • デザインがきれいなもの
    • 初心者でもカスタマイズがしやすいもの
    • 販売サイトがSEOで上位化されているもの
    • サイトスピードが極端に遅くないもの

    なお、順々に見て頂くと「TCDのテーマ多くない…?」と思うかもしれません。
    TCDのテーマは上記の基準を満たしているのはもちろんのこと、目的に合ったサイト作成がしやすく実際に僕もTCDのテーマを使ってサイト制作を行ったことがあります。
    その結果、十分おすすめできると判断したので掲載しています。

    というわけで前置きが少し長くなりましたが、以下の目的順に紹介をしていくので、目的に合ったWordPressテーマを探して頂ければと思います。

    ビジネスサイト向きWordPressテーマ

    瞬時に企業の魅力を伝えられる「TCD FAKE」

    FAKE

    料金(税込)¥22,800
    おすすめポイント
    • トップページを自由自在に作り込みやすい
    • コーポレートサイト向きの洗練されたデザイン
    • ブログ機能もしっかりしており、オウンドメディア運用もしやすい
    概要FAKEは、コーポレートサイトで、特に動画で魅せたい企業に向いたテーマです。

    ファーストビューでユーザーにインパクトを与え、必要なコンテンツも自由自在にTOPページに入れることができます。
    企業の実績や概要・企業理念を作成するテンプレートが最初から用意されているため、HTMLやCSSなどの知識がなくてもサイトを作ることができます。

    コーポレートサイト作成でWordPressテーマを探しているのであれば、FAKEを選べばほぼ問題ないと言えますね。

    FAKE購入ページで詳細を見る

    無料でFAKEのデモを見る

    コーポレートサイト向き「TCD NEXTAGE」

    NEXTAGE

    料金(税込)¥9,980
    おすすめポイント
    • ファーストビューを柔軟に変更することができる
    • 定番な形のホームページが作成できる
    • TCDテーマの中でトップクラスにリーズナブル
    概要NEXTAGEは、古くからあるような従来型のホームページが作りやすいテーマです。

    最先端なデザインとは言えませんが、安心感を与えるデザインからコーポレートサイトを作るのに向いているテーマと言えます。
    TCDのWordPressテーマで1万円を切っているものはほとんどないため、リーズナブルさもおすすめどころの一つです。

    NEXTAGE購入ページで詳細を見る

    無料でNEXTAGEのデモを見る

    個人ブランディングに使いやすい「TCD AGENDA」

    Agenda

    料金(税込)¥22,800
    おすすめポイント
    • 個人起業家のブランディングに最適
    • 政治家をメインターゲットとしながらコーポレートサイトなどでも使える
    • ファーストビューでインパクトを与えられる
    概要AGENDAは、個人のブランディング向きのTCDのWordPressテーマです。

    デモを見ると政治家のサイトとなっていますが、政治家だけでなく個人で活動しているフリーランスや士業の方にも活用しやすい作りになっています。
    ポリシーや活動内容などのプロフィール、新着情報などをオーソドックスな形で表示することができます。

    TCDの強みとして、配置する場所をマウス操作でできるのが使いやすい要因の一つです。

    Agenda購入ページで詳細を見る

    無料でAgendaのデモを見る

    無料でビジネスサイトが作れる「BusinessPress」

    BusinessPress

    料金(税込)無料
    ※フッターのクレジットを消すのは有料プラグイン
    おすすめポイント
    • 基本的に無料で使うことができる
    • シンプルなデザインの企業サイトが作れる
    概要BusinessPressはシンプルなビジネスサイト向けの無料のWordPressテーマです。

    カスタマイズができることが限られるため、シンプルなまま使用する、もしくはPHPやHTML/CSSを駆使してカスタマイズしていくことを前提としておすすめします。

    無料でBusinessPressのデモを見る

    弁護士・法律事務所・士業向けWordPressテーマ「Communitycom」

    Communitycom

    料金(税込)¥29,700
    おすすめポイント
    • 弁護士・法律事務所・士業に特化したWordPressテーマ
    • カスタマイザーで視覚的に確認しながら設定がしやすい
    • 士業で必要なページの設定が簡単に行える
    概要Communitycomは様々なWordPressテーマを販売しており、弁護士・法律事務所・士業に特化したテーマもあります。

    士業は信頼感や安心感を伝えるのがとても重要。
    このCommunitycomのテーマであれば、信頼感や安心感を与えることができるデザインとなっています。

    Communitycom購入ページで詳細を見る

    無料でCommunitycomのデモを見る

    ECサイト向きWordPressテーマ

    視覚的に売れやすいデザインのECサイトが作れる「TCD GLAMOUR」

    GLAMOUR

    料金(税込)¥39,800
    おすすめポイント
    • ファーストビューが視覚的にわかりやすい
    • わかりやすい導線のECサイトを作れる
    • アプリを使っているようなスマホユーザビリティ
    概要GLAMOURAは、本格的なECサイトが作れるWordPressテーマです。

    多彩な機能で簡易的なネットショップではなく、直観的に売れやすいデザインで高機能なサイトを初心者でも作ることができます。
    ファッションなど視覚的に魅せたいECサイトの運営におすすめです。

    GLAMOUR購入ページで詳細を見る

    無料でGLAMOURのデモを見る

    シンプルなデザインのECサイトが作れる「TCD ICONIC」

    ICONIC

    料金(税込)¥39,800
    おすすめポイント
    • シンプルなデザインのECサイトが作れる
    • その上機能はしっかり整っており高機能
    • メディア運営を通じてSEOやSNS集客もしやすい
    概要ICONICは、シンプルなデザインで高機能なECサイトが作れるTCDのテンプレートです。

    WordPressでECサイトを作る利点は何といっても、初心者が扱いやすいこととコンテンツSEOで集客にも向いていること。
    SEOやSNSを活用してECサイトで売上を上げていきたいという方におすすめです。

    ICONIC購入ページで詳細を見る

    無料でICONICのデモを見る

    飲食店向きWordPressテーマ

    高級感漂うお店に最適な「TCD Avalon」

    Avalon

    料金(税込)¥11,980
    おすすめポイント
    • 高級感が漂うデザイン
    • リーズナブルでお手頃価格
    • シンプルな機能で無駄がない
    概要Avalonは、大きな画像をファーストビューとし印象を持たせることができるエレガントなデザインのテーマです。

    作りはシンプルなものになっており、初心者の方でも簡単にサイトの作成をすることができます。
    当然ながらモバイルでも美しいデザインのため、バーや高級感漂うイメージの飲食店に向いたテーマと言えます。

    Avalon購入ページで詳細を見る

    無料でAvalonのデモを見る

    おしゃれな飲食店におすすめなテーマ「TCD Tree」

    Tree

    料金(税込)¥25,800
    おすすめポイント
    • デザインがおしゃれかつわかりやすい
    • デリバリー向きのテンプレート完備など流行にも対応
    • 集客とブランディングに最適
    概要Treeは、カフェやレストランをはじめとする飲食店に最適なテーマです。

    飲食店に必要なページ作成のテンプレートが準備されているのはもちろんのこと、昨今利用者の増えているデリバリーに関する情報を掲載するテンプレートも用意されています。
    ついついページを見たくなるおしゃれなデザインなので、集客はもちろんお店をブランディングするのにも向いているテーマと言えます。

    Tree購入ページで詳細を見る

    無料でTreeのデモを見る

    飲食店向きのシンプルなテーマ「Minimal Cafe」

    Minimal Cafe

    料金(税込)¥9,999
    おすすめポイント
    • ワンカラムでシンプルなデザイン
    • 必要最低限の機能で無駄がない
    概要Minimal Cafeは、THEシンプルなWordPressテーマです。

    無駄がない作りになっているため、シンプルな作りのホームページを作りたい方におすすめします。
    ただし、最小限の機能のみとなっているので、サイトを作り込みたい方や機能を色々入れたい場合は別のテーマを使うかカスタマイズできる方に制作をお願いした方が良いでしょう。

    Minimal Cafe購入ページで詳細を見る

    無料でMinimal Cafeのデモを見る

    ホテル・旅館向きWordPressテーマ

    和風の旅館に最適な「TCD KADAN」

    KADAN

    料金(税込)¥22,800
    おすすめポイント
    • 隅々まで「和」で統一され洗練したデザイン
    • WordPressテーマでは珍しく縦書きも対応
    • お客様の声や料理のページなどを作るためのテンプレートが完備
    概要KADAN(華壇)は日本らしさをふんだんに盛り込んだTCDのテンプレートです。

    デモサイトを見ればわかる通り、輪を感じさせるデザインで洗練されており、旅館や神社・日本料理店などのホームページ作成に打ってつけのテーマと言えます。
    旅館や料理店で必要になるページを作成するためのテンプレートがデフォルトでついているので、基本的にCSSをいじる必要がありません。

    和を伝えたいサービスを提供している方におすすめです。

    KADAN購入ページで詳細を見る

    無料でKADANのデモを見る

    美容・サロン向きWordPressテーマ

    美容サロンに必要な機能が充実した「TCD HEAL」

    HEAL

    料金(税込)¥27,800
    おすすめポイント
    • 清潔感溢れる美容サロンに向いたデザイン
    • かゆいところに手が届く高機能
    • 集客から顧客増加のことを考えられた作り
    概要TCDのHEALは僕もサイト制作のご依頼で使用したテーマです。

    美容サロンを経営する方にはうってつけの機能(ページのテンプレートなど)が揃っており、かつ清潔感の感じるデザインとなっています。
    グローバルメニューが変更でき、柔軟に対応できるという点も魅力の一つです。

    HEAL購入ページで詳細を見る

    無料でHEALのデモを見る

    美容クリニックやコスメのサイトを作るなら「TCD NOEL」

    NOEL

    料金(税込)¥34,800
    おすすめポイント
    • 美しさを追求したデザイン
    • 売上UPに貢献してくれる導線設計
    • 高機能で使いやすい
    概要NOELは、一つ前で紹介したHEAL以上に高機能で美容に特化したTCDテーマです。

    サイトの美しさやわかりやすさはデモサイトを見ればわかりますが、コーディングのスキルがなくてもWordPress初心者の方が美しいサイトを作ることができます。
    美容クリニック・サロンなど美を軸にするサービスであれば、サイトの美しさは非常に重要です。

    その美しいサイトを初心者でも作ることができるのがNOELです。

    NOEL購入ページで詳細を見る

    無料でNOELのデモを見る

    病院・クリニック向きWordPressテーマ

    安心感とやさしさが伝わる「TCD BIRTH」

    BIRTH

    料金(税込)¥22,800
    おすすめポイント
    • ファーストビューがインパクト大
    • 受診する方に安心感を与えるデザイン
    • 高機能ながら無駄がない
    概要受診する方を安心させるためにも、病院のホームページは非常に重要です。

    TCDのBIRTHを使えば、「安心感を与えるホームページを作るには?」という疑問を解消することができます。
    病院に必要な医師の紹介、資料内容、入院案内などのページを作りやすいテンプレートがデフォルトでついているため、初心者の方でも作りやすい作りとなっています。

    BIRTH購入ページで詳細を見る

    無料でBIRTHのデモを見る

    写真を基調としたシンプルなデザインの「エスティバル」

    エスティバルクリニック

    料金(税込)¥33,000
    おすすめポイント
    • 写真を多用してわかりやすいデザイン
    • 白を基調としており安心感を与えられる
    • 20,700円分の有料プラグインが内蔵されていてお得
    概要エスティバルの歯科・クリニック向けのテーマはシンプルで安心感を与えるデザインです。

    写真を多用したサイトになるため、院内や施術の様子を見せて信頼を与えたい病院に打ってつけと言えます。
    ページを設定するための機能が色々ついていて迷うかもしれないので、どちらかというとWordPressにそれなりに経験のある方におすすめです。

    エスティバル購入ページで詳細を見る

    無料でエスティバルのデモを見る

    メディア向きWordPressテーマ

    マガジン系のメディア運営に最適な「TCD INNOVATE HACK」

    INNOVATE HACK

    料金(税込)¥11,980
    おすすめポイント
    • きれいに整ったデザインのメディアが作れる
    • シンプルかつ初心者でもカスタマイズしやすい
    • 広告の配置も変えられるので収益化のサポートをしてくれる
    概要INNOVATE HACKはマガジンタイプのメディア運営に向いたテーマです。

    色々な情報をコンパクトにまとめて表示させることができるので、読者のユーザビリティが良いテーマと言えます。
    ユーザビリティが良いとサイトのファンもアクセスも増え、結果的に高収益なメディアを作ることができます。

    INNOVATE HACK購入ページで詳細を見る

    無料でINNOVATE HACKのデモを見る

    会員制サイト向きWordPressテーマ

    洗練されたデザインの会員サイトを作るなら「TCD EVERY」

    EVERY

    料金(税込)¥39,800
    おすすめポイント
    • 会員メディアを簡単に作ることができる
    • ついつい長居してしまうデザイン
    • 会員・非会員で見えるコンテンツを分けられる
    概要会員制のサイトをゼロから作るとなると、裏側の仕組みなど色々と準備する必要があり、多くの予算が必要となります。
    ですが、そんなにお金をかけられないという方に打ってつけなのがTCDのEVERYです。何といっても魅力的なのは、会員と非会員で見えるコンテンツを分けられるということ。
    会員登録してもらえば、Webマーケティングで重要なリスト取りをすることもできるので、収益化の強い味方となります。

    EVERY購入ページで詳細を見る

    無料でEVERYのデモを見る

    ポートフォリオサイト向きWordPressテーマ

    ユーザーアクションに繋げる機能も盛り込まれた「FAMOUS」

    FAMOUS

    料金(税込)¥25,800
    おすすめポイント
    • 動画やアクションが多彩でオリジナリティが高い
    • 個人のブランディングを意識した作り
    • ヘッダー画像で強烈な印象を与えられる
    概要FAMOUSは個人のポートフォリオを始め、LP構築にも最適なTCDのテーマです。

    TCDのテーマ共通でいえることですが、独自のページビルダー機能があり、WordPress初心者でも簡単にサイトを作ることができます。
    個人がブランディングする上で重要なポートフォリオ、FAMOUSなら魅力的に魅せるサイトが作れます。

    FAMOUS購入ページで詳細を見る

    無料でFAMOUSのデモを見る

    ニュースサイト・まとめサイト向きWordPressテーマ

    ヘッダーエリアでおすすめ記事を紹介しやすい「エスティバル」

    ESTIVAL NEWS

    料金(税込)¥33,000
    おすすめポイント
    • ヘッダーにおすすめ記事が載せられる
    • 大きい写真で視覚的にわかりやすく伝えられる
    • 作り込み過ぎてなくてシンプルな作り
    概要上記でも紹介しているエスティバルのニュース・まとめサイト向けのテーマです。

    シンプルな作りで、読者が見たい情報をすぐ見られるような導線設計になっています。
    わかりやすい導入マニュアルがついているので、初心者にも優しいテーマです。

    エスティバル購入ページで詳細を見る

    無料でエスティバルのデモを見る

    求人サイト向きテーマ

    求人情報を簡単に載せられる「Communitycom」

    Communitycom FACTORY

    料金(税込)¥29,700
    おすすめポイント
    • Googleの構造データに準拠した求人情報のコードになっている
    • 求人サイトに必要な機能が一通り搭載されている
    概要求人・採用サイトに特化したCommunitycomのテーマです。

    求人サイトに必要な機能が一通り取り揃っており、一見難しそうに見える求人サイトを簡単に作ることができます。
    ファーストビューも印象的なので、ユーザーに印象を残すことも可能です。

    Communitycom購入ページで詳細を見る

    無料でCommunitycomのデモを見る

    写真・動画を基調としたサイト向きWordPressテーマ

    写真や画集などのポートフォリオにも使える「TCD PHOTEK」

    PHOTEK

    料金(税込)¥9,980
    おすすめポイント
    • 写真以外の要素を除いたTOPページが魅力的
    • アルバムのように写真や絵を一覧で魅せることができる
    • 1万円以下で購入できてリーズナブル
    概要PHOTEKはアルバムのようなデザインのTCDテーマです。

    写真家や画家などのポートフォリオとして使うのに打ってつけのテーマと言えます。
    作品や写真などをアピールするためのポートフォリオを作りたい方は是非一度デモをご覧ください。

    PHOTEK購入ページで詳細を見る

    無料でPHOTEKのデモを見る

    可愛らしいデザインでフォトログに使える「Dolce & Vivace Sweet」

    Dolce & Vivace

    料金(税込)¥11,000
    おすすめポイント
    • フォトログとして使用するのに最適なデザイン
    • 可愛らしさと美しさを感じる
    • テーマオプションでカスタマイズがしやすい
    概要可愛らしいフォトログを作るならDOLCE & VIVACEのSweetは最適なテーマです。

    女性でブランディングのためにサイトを作りたいという方にも向いたテーマと言えますね。
    HTMLやCSSなどの知識がなくてもカスタマイズができるように独自のテーマオプションがついているので、WordPress初心者にもおすすめです。

    Dolce & Vivace購入ページで詳細を見る

    無料でDolce & Vivaceのデモを見る

    和風のWordPressテーマ

    世界に日本を伝えるためのWordPressテーマ「TCD HAKU」

    HAKU

    料金(税込)¥29,800
    おすすめポイント
    • 日本を伝える洗練されたデザイン
    • 横書きだけでなく縦書きも対応
    • 日本伝統のサービスのブランディングに最適
    概要TCDテーマのHAKUのコンセプトは、「国境を越える架け橋へ」。

    いかにも日本らしい洗練されたデザインで、伝統文化を伝えるのに適したテーマです。
    魅力の一つとして心地よいアニメーションもあり、日本の伝統に携わるお店・サービスの方に是非使って頂きたいテーマと言えます。

    HAKU購入ページで詳細を見る

    無料でHAKUのデモを見る

    リーズナブルな和風デザインのサイトが作れる「Lightning JPNSTYLE」

    Lightning Skin JPNSTYLE

    料金(税込)¥10,700
    Lightning Proと同時購入の場合の合計
    おすすめポイント
    • 簡単に和風デザインのサイトの実装が可能
    • 和に合わせた見出しデザインを選べる
    • 様々なパーツが搭載されている
    概要Lightningは無料で使えるテーマですが、機能追加されたLightning ProにJPNSTYLEのスキンを合わせることで和風デザインのサイトを作ることができます。

    Lightning Proにすることで様々な機能を使うことができ、WordPress初心者の方でも簡単に和風のサイトを作れます。
    有料ながらリーズナブルなので、コスパの良いテーマと言えます。

    Lightning JPNSTYLE購入ページで詳細を見る

    無料でLightning JPNSTYLEのデモを見る

    多言語対応可能なWordPressテーマ

    コーポレート・ビジネスサイト向き用の「LIQUID PRESS」

    LIQUID LANG

    料金(税込)¥10,890
    おすすめポイント
    • プラグイン不要で多言語対応のサイトを作れる
    • 言語によってサイトの色やロゴを変更することができる
    • 多機能かつBootstrap対応でカスタマイズしやすい
    概要LIQUID PRESSは、色々なデザインのテーマがありますが、コーポレートサイトの多言語対応のテーマもあります。

    多言語対応しているだけでなく、高機能でコーポレートサイトを作るのに向いています。
    英語や中国語などに対応したビジネスサイトを作りたい方におすすめです。

    LIQUID PRESS購入ページで詳細を見る

    無料でLIQUID PRESSのデモを見る

    ランディングページ向きWordPressテーマ

    視覚的に目に留まるLPが作れる「Grazioso」

    Grazioso

    料金(税込)¥19,800
    ※10日間返金保証あり
    おすすめポイント
    • アニメーションが視覚的に目に留まりやすい
    • デモサイトをすぐ再現できるテンプレがある
    • コーディングのスキルがなくても作れる
    概要Graziosoは、LPに特化したWordPressテーマです。

    通常アニメーションを入れるには、JQueryといった言語を使ってコーディングする必要がありますが、Graziosoならコーディングスキルがなくても目を惹くアニメーションのサイトが作れます。
    その他料金表やLPに必要なウィジェットなどの追加が可能で、使いやすいテーマと言えます。

    Grazioso購入ページで詳細を見る

    無料でGraziosoのデモを見る

    カスタマイズのしやすさが売りの「LIQUID PRESS」

    LIQUID LP

    料金(税込)¥10,890
    おすすめポイント
    • カスタマイズがしやすい
    • LPの複製も簡単にできるためA/Bテストなどに活用しやすい
    • LPに必要な機能が充実している
    概要多言語対応のテーマなども販売されているLIQUID PRESSのLP専用テーマ。

    LPに必要な機能が充実しており、かつLPを作る上でのマーケティング視点のマニュアルも含まれているという充実の内容です。
    1万円ちょっとで購入できてリーズナブルなので、コスパの良いLP用のテーマと言えます。

    LIQUID PRESS購入ページで詳細を見る

    無料でLIQUID PRESSのデモを見る

    シンプルを追求したいサイト向きWordPressテーマ

    無料で14日間お試しができる「NEW STANDARD」

    NEW STANDARD

    料金(税込)¥29,700
    おすすめポイント
    • 14日間無料で試せるので購入後の失敗がない
    • コーポレートサイトやブログとして活用できる
    • 機能が豊富でカスタマイズがしやすい
    概要NEW STANDARDは、シンプルなデザインのWordPressテーマです。

    事業用としても個人用としても利用することができ、カスタマイズの柔軟性も高いテーマと言えます。
    そして、なんといっても他のテーマと違うところは14日間の無料体験ができるところ。

    14日間以内であれば使用してみてイメージと違ったら後戻りすることも可能です。

    NEW STANDARD購入ページで詳細を見る

    無料でNEW STANDARDのデモを見る

    日本トップブロガーが作った「Minimal」

    Minimal

    料金(税込)¥6,980
    おすすめポイント
    • 日本トップブロガーのマナブさんが制作
    • シンプルで無駄を全てなくしたデザイン・機能
    概要Minimalは、トップブロガーでありビジネスインフルエンサーのマナブさんが制作したテーマです。

    本サイトでも使っているテーマで、シンプルな作りのブログやアフィリエイトサイトを作る際に向いています。
    ただ注意点としては、コーディングの知識がないとカスタマイズなどが難しいという点です。

    僕もサイト立ち上げ当初はHTMLもCSSもよくわからず苦戦したので、その辺を理解の上でシンプルなテーマを使いたい方は是非という感じです。

    Minimal購入ページで詳細を見る

    無料でMinimalのデモを見る

    WordPressテーマをサイトへ導入する方法

    長々とおすすめのWordPressテーマ40個を紹介してきました。
    使いたいWordPressテーマは決まったでしょうか?

    「テーマ決まったけどどうやってサイトに適用するの?」って思う方もいると思います。
    基本はテーマを販売・配布しているサイトに手順が記載しているはずですが、簡単にWordPressをサイトへ導入する方法を紹介していきます。
    ※僕が愛用している賢威を例に解説します。

    テーマ導入手順1.ダウンロードする

    まず、テーマをダウンロードします。
    無料テーマであればダウンロードページからダウンロード、有料であれば決済完了後にダウンロードできるページを案内されます。

    賢威の場合は、ウェブライダーのライダーストアでアカウントが発行されるので、マイページから賢威サポートページに飛ぶとテーマのダウンロードをすることができます。

    テーマ導入手順2.WordPressへアップロード・インストールする

    次にダウンロードしたテーマをWordPressへアップロードしインストールしていきます。
    ダウンロードしたテーマをzip形式のまま、下記のようにアップロードします。

    1. WordPressの管理画面のメニューから「外観」→「テーマ」を選択し、「新規追加」ボタンをクリック
    2. 「テーマのアップロード」ボタンをクリック
    3. ダウンロードしたファイルを選択し、「今すぐインストール」ボタンをクリック

      「テーマのインストールが完了しました。」と表示されればインストール成功です。
      インストールが失敗することはほぼないですが、もし失敗した場合はググるか購入したWordPressテーマのサポートへ問い合わせれば問題ありません。

      テーマ導入手順3.有効化する

      次にインストール完了の画面でそのまま「有効化」をクリックします。

      テーマの有効化

      これでテーマの導入は一旦完了です。
      サイトを表示してみるとデザインが導入したテーマに変わっていることがわかります。

      PHPやCSSなどをいじらないのであれば、これで完了で良いですが、CSSでデザインを調整したりしたいという方は次に子テーマを入れておきましょう。

      テーマ導入手順4.子テーマをインストール・有効化する

      子テーマに関しての詳細は以下の記事にて詳しく解説をしています。

      簡単にいえば、テーマはアップデートされるもので、子テーマを使わないとカスタマイズしたものが消えてしまうので、カスタマイズするなら必ず入れましょうという話です。
      ほとんどのWordPressテーマは子テーマが用意されているので、子テーマファイルについても上記の手順1~3を行えば問題ありません。

      ただ、中には子テーマが用意されていないテーマもあるので、その場合は上記の記事の手順に従って子テーマを自作してサイトへ導入するようにしましょう。

      WordPressテーマまとめ

      今回はWordPressテーマでおすすめな40個を紹介してきました。
      僕は、WordPressテーマのマニアと言っても過言ではないですし、今後サイト制作やSEOコンサルの仕事をする中で良いと思ったテーマは随時追加していきます。

      なので、失敗せずにWordPressテーマを選びたいという方は是非本ページをブックマークしておいて頂ければと思います。
      最後に今回紹介したテーマを一覧にて紹介します。

      目的別おすすめテーマ

      デモを見るのは無料ですし、イメージを掴むにはそのテーマで実際に構築されたサイトを見るのが一番です。
      気になったテーマがあるなら、一度デモを確認して検討することをおすすめします。
      それでは、目的に合わせたテーマを選んでビジネスを加速させていきましょう!

      もし、カスタマイズやサイト制作自体を外注したいという場合は、お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡頂ければと思います。
      ミツキへ問い合わせる