【みんなが選ぶ】WordPressの有料テーマおすすめ9選!

WordPressインストール

「WordPressの有料テーマでおすすめはどれだろう?」
「せっかくWordPressテーマを購入するなら失敗せずに買いたいな」

WordPressのテーマは色々あり、有料テーマだけでも数百~数千個あります。
その中からあなたに適したテーマを探すのはかなり大変ですよね。

しかもおすすめのWordPressテーマをググってみても選定基準があいまいだったり個人的な理由によるものばかり…
というわけで、本記事では67名の方にアンケートを取った結果を元に有料のWordPressテーマのおすすめを紹介していきます。

Web制作をしつつSEOコンサルとして活動している僕の経験を踏まえて解説していくので、是非参考にして頂ければと思います。

「というわけで、こんにちは。WordPress歴3年くらいでテーマを色々見るのが好きなミツキが解説します。」

先に結論として、アンケートを取った中で人気が高く評価も高かったWordPressテーマは以下8つです。

なお、アンケート回答者がブログやアフィリエイトサイトなど個人運営が多かったのでメインはブログ・アフィリエイトにおすすめなテーマとなります。
とはいえ、大体のテーマがホームページでも使えるのと様々なデザインを兼ねそろえたTCDテンプレートも紹介していきます。

>>おすすめの有料テーマの詳細をすぐに見る

どんな感じにアンケートを取ったのかと気になる方もいるかと思うので、先にアンケート方法を紹介します。

アンケート方法

  • アンケート方法:インターネット調査
  • アンケート対象:有料テーマ利用者155名
  • アンケート期間:2021/4/16~23

なお、以下の観点で5段階にて評価してもらったので、各評価ポイントでの点数もお見せします。

  1. スマホ表示でのサイトの扱いやすさ
  2. 表示スピードの速さ
  3. descriptionの設定のしやすさ
  4. カスタマイズのしやすさ
  5. マニュアルの有無、わかりやすさ
  6. 広告の設置のしやすさ
  7. ググって情報が出てくるか
  8. 必要な機能が備わっているか
  9. セキュリティがしっかりしているか
  10. 逐次更新がされているか

恐らく何を重視するかによって選ぶテーマは変わってくると思うので、各ポイントをしっかりご確認頂き選んでいただければと思います。

WordPressの有料テーマを使用するメリット

まずはじめに有料テーマを使うメリットについて3つ挙げておきます。
本記事を読んでいる方は既に有料テーマを購入すると決めている方かと思いますが、改めて有料テーマのメリットについておさえておきましょう。

有料テーマのメリット1.サポートがしっかりしている

一つ目は、サポートがしっかりしているという点です。

無料テーマでもサポートがあるところはありますが、有料テーマの場合は以下のサポートがしっかりしていることが多いです。

  • 質問に回答してくれるフォーラムがある
  • 細かいマニュアルがしっかりとしている

僕がメインで使っている賢威やJINでは、マニュアルがしっかりしているのに加え、不明点が発生した際にフォーラムで質問するとわかりやすく回答してくれます。

有料テーマのメリット2.細部までこだわって作られている

二つ目は、細部までこだわって作られているという点です。
無料のWordPressテーマは、マネタイズをしっかり考えていない限り基本作った人にお金は入りません。
いわばボランティアですね。

100円でも有料で販売しているのであれば責任が発生しますが、無料の場合はそうもいきません。
利用者が増えれば無料でも責任は感じるかもしれませんが、とはいえ「無料だし…」となってしまってもしょうがないですよね。

パッと見ただけでも無料と有料のテーマは、デザインへのこだわりなどへ違いがあるかと思います。

有料テーマのメリット3.カスタマイズがしやすい

最後は、カスタマイズのしやすさです。

2つ目に関連して、カスタマイズのしやすさの点で有料と無料では差が出てきます。
テーマ利用者がプログラミングを行わずにカスタマイズをしやすくするには、開発者が作りこむ必要があります。

ものによっては数週間かかるようなものもあります。
なので、無料で作っている方はその辺を少し手抜きしてしまう方もいるのが事実です。
カスタマイズしやすいテーマを使いたいという方は有料テーマを選ぶ方が良いでしょう。

WordPressの有料テーマを選ぶ際の失敗しない7つのポイント

それでは、テーマを選ぶ際に何を意識すればよいでしょうか?
アンケートでも回答していただいた評価項目のうち、重要な7つについて解説をしていきます。

選び方1.スマホ表示でのサイトの扱いやすさ

まずは、スマホ表示でのサイトの扱いやすさです。

ジャンルにもよりますが、今はパソコンよりスマホでサイトを見る人の方が多くなりました。
さらにGoogleもSEOで上位に上げるためのランキング要素としてスマホでの見え方を重視しています。

なので、仮にパソコンできれいに見えたとしても、スマホ表示でデザインが微妙だったりユーザビリティが悪かったりするのはNGです。
WordPressのテーマを購入する際はデモを見ると思いますが、パソコンだけでなくスマホ表示でどうなのか?というのもしっかりと確認するようにしましょう。

選び方2.表示スピードの速さ

2つ目は表示スピードの速さです。
サイトを見る側になったらわかりますが、中々見ようと思ったサイトが表示されなかったらどう思うでしょうか?

ストレスに感じますし、場合によっては別のサイトを見るようにしようと考えてしまいますよね。
Googleも表示速度が遅くなると離脱率が上がるというのを公表していますし、SEOのランキング要因に入ってきています。

また、2021年6月から実装されるコアウェブバイタルという新しい指標でもサイトスピードに関する値がランキング要素になります。
Web Vitals の概要: サイトの健全性を示す重要指標参照

なので、WordPressテーマのデモサイトや使っているサイトの表示速度を確認してみると良いでしょう。
体感での表示スピードではなく、以下のように確認することをおすすめします。

  • PageSpeed Insightsにて確認する
  • ブラウザのキャッシュを削除してから確認する
  • 入力するURLは3000文字以上入っているページを確認する

下記で紹介するWordPressテーマに関しても、僕の方で確認した値を紹介するので参考にして頂ければと思います。

選び方3.カスタマイズのしやすさ

続いて3つ目は、カスタマイズのしやすさです。
カスタマイズのしやすさは、以下の2点でみるといいでしょう。

  • プログラミングの知識なしで色の変更など色々できること
  • ググって沢山情報出てくる or マニュアルがしっかりしている or サポートがしっかりしている

販売ページを見るとカスタマイズの方法は書かれていますし、本記事で紹介するテーマについてはカスタマイズのしやすさに関する口コミも紹介するので参考にしてみてください。

選び方4.サポートがしっかりしているか

4つ目の選ぶポイントは、サポートがしっかりしているか?という点です。
サポートとは主に以下のようなものがあります。

  • 設定方法のマニュアルがしっかりしている
  • 質問フォーラムで疑問点の解消ができる
  • ググると色々情報が出てくる

3点目に関しては、テーマ作成者側でできることは限られますが、ググって出てくる情報が非常に強い味方になります。
実際に僕も自分が運営しているブログやサイトは色々とググりながら今の形になったものがほとんどです。

プログラミングスキルがある方やITリテラシーが高い方であれば何とかなるかもしれないですが、そうではない初心者の方は特にサポートの有無はしっかり確認するようにしましょう。

選び方5.広告の設置のしやすさ

5つ目は、ブログやアフィリエイトサイトなどでWordPressを使うのであれば、必要な観点です。
WordPressテーマによっては、広告設置のための枠が用意されていたり、アフィリエイトリンクのタグを貼るサポートがついているものがあります。

本記事で紹介する中のAFFINGERを例にすると以下のような広告設置の機能がついています。

  • Googleアドセンスをウィジェットで簡単に挿入できる機能
  • Amazonアソシエイトやランキングのデザイン
  • 記事毎に広告を非表示にする機能
  • タグを登録、保存する機能(期間限定)

自分で設置できるという方はマストではありませんが、あると便利なので確認しておくと良いでしょう。

選び方6.必要な機能が備わっているか

次に必要な機能が備わっているかどうかもWordPressテーマを選ぶポイントの一つです。

ブログやアフィリエイトサイトについてはそれほど必要な機能というのはありませんが、例えば以下のような目的でサイトを作る場合は必要な機能があります。

  • ECサイト
  • クリニックなどの予約サイト
  • イベント情報サイト
  • 会員登録・マイページ管理がついているサイト

機能がついていないWordPressテーマでもプラグインを使って機能を補うことができますが、テーマで機能が備わっていたら言うことないでしょう。
なので、他の選ぶポイントをおさえていて機能が備わっているものがあるなら間違いないですね。

選び方7.逐次更新がされているか

最後のポイントは、WordPressテーマが定期的に更新されているかという点です。

WordPressはワールドワイドで使われているCMSなので、セキュリティの脆弱を狙ってくるハッカーも多くいます。
滅多にテーマが問題になってセキュリティの穴を突かれるということはありませんが、脆弱性が見つかった際はテーマを更新する必要があります。

また、Googleの検索順位を決める評価基準が変わる時もテーマ側での対応が必要となります。
上記で触れたコアウェブバイタルもそのうちの一つですね。

そのため、更新がしっかりされているテーマであることは重要な要素です。
テーマによっては3年以上更新されていない…みたいなものがあるので、しっかりと更新されているテーマを選ぶようにしましょう。

レンタルサーバーから購入すると安くなるテーマあり

WordPressテーマの選び方は上記の7つで、次におすすめの有料テーマの紹介をしていきます。
ですが、その前にお得情報を一つお伝えしておきます。

お得情報がなにかというと、本記事で紹介するテーマの一部はレンタルサーバーとセットで購入すると安くなるということです。
対象となるテーマは以下の2つです。

  • JIN
  • SANGO

上記2つのテーマは、ConoHa WINGと一緒に購入すると安くなります。
なので、JINかSANGOを利用する方でレンタルサーバーをまだ借りていない方は、ConoHa WINGでセットで購入すると良いでしょう。

ブログにおすすめなWordPress有料テーマ8選

それでは、ここからはWordPressの有料テーマでおすすめなもの8つを紹介していきます。
アンケート結果で人気があったものを元にWeb制作しつつSEOコンサルをしている僕の見解を踏まえながら解説をしていきます。

先に今回紹介するWordPressテーマとおすすめな要素や料金を一覧でお見せします。(※印はConoHa WINGと一緒の購入がお得なもの)

おすすめな要素料金(税込)
※2021/4/25時点
AFFINGER今回のアンケートで人気No.1。
口コミの評判の良さやSEOに強さに定評がある。
¥14,800
JIN※初心者の扱いやすさがピカイチ。
僕もSEライフログにて使っています。
¥14,800
THE THOR豊富な機能が魅力的、かつ洗練されたデザイン。¥16,280
SANGO※Web制作の教科書的サイト「サルワカ」の中の人が制作。
ポップなデザインで初心者にも扱いやすい。
¥11,000
STORK19シンプルでおしゃれなデザイン。¥11,000
SWELL総合評価が高くおしゃれで格好いい。¥17,600
SWALLOWシンプルさをとことん追求したテーマ。¥9,900
賢威SEOに強いウェブライダー社が制作。
僕もノマドの樹などで使っており、使いやすいテーマ。
¥27,280

ひとつひとつ見ていきましょう。
なお、アンケートにて回答頂いた方の評価ポイントも合わせて紹介しますが、あくまで回答頂いた方の所感によるものなので、参考程度に考えていただければと思います。
とはいえ、多分間違いない情報だと思うので、集計したものをそのままお見せしていきます。

※各テーマ紹介内のPageSpeed Insightsの数値は以下のように計測しています。

  • 2021/4/25に計測
  • 基本は販売サイトに掲載のデモサイトを計測
  • ブラウザのキャッシュを削除後に計測

人気No.1でSEOに強い「AFFINGER」

AFFINGER

料金(税込)¥14,800
おすすめポイント
  • 稼いでいるブロガーが愛用している
  • ブログだけでなく企業のホームページでも使われている
  • 売上を上げるためのデザインで洗練されている
PageSpeed Insightsの数値
  • モバイル:61
  • パソコン:93
アンケート総合評価3.84 / 5.00
評価の高いポイント
  • モバイルフレンドリー
  • 表示スピードの速さ
  • 必要な機能が備わっている
  • 逐次更新がされている
  • ググると情報が沢山出てくる

AFFINGERの概要

AFFINGERは「稼ぐに特化した本格WordPressテーマ」をコンセプトとしているテンプレートです。

有名ブロガーや稼いでいる様々なアフィリエイトサイトで使われていることもあり、近年非常に人気が高まってきています。
ブログ・アフィリエイトサイトだけでなく、ホームページとしても使用できる万能型のWordPressテーマです。

購入するとデザイン済みのテーマも無料で手に入れることができるので、プログラミング知識がない方でもマウスの操作だけで色々なデザインに変更することができます。
実際に利用している方の口コミも良いので、AFFINGERを選んでおけばほぼ失敗はないと言えるでしょう。

利用者によるAFFINGERの評価

AFFINGERの評価
※アンケート回答人数:34名
※5段階で「5:大変満足⇔1:大変不満」での回答

総合評価3.84
モバイルフレンドリー4.03
表示スピードの速さ4.06
metaタグの設定のしやすさ3.68
カスタマイズのしやすさ3.82
マニュアルのわかりやすさ3.26
広告の設置のしやすさ3.68
ググって情報が出てくる4.00
必要な機能が備わっている4.24
逐次更新がされている4.06
サポート体制の充実さ3.56

総合評価で見ると他テーマで若干数値が高いものがありますが、機能面やSEOに重要なモバイル対応・表示スピードの速さは申し分なしと言えます。
実際に利用している方の声として以下のようなものがありました。

  • テキストパーツやカスタムボタンの種類が豊富で使いやすい、逆に豊富すぎて最初は戸惑ってしまうほどです。
  • 他のWordPressテーマにないような「自分が求めるサイトデザインを実現できること」がAFFINGER5の最大のイチオシポイントです。
  • 慣れると非常に使いやすく、利用者が多いため不明点をググると大抵解決できることが多いです。

今購入すると、期間限定でサイト運営が楽になる無料プラグインがもらえます。
※既に無料特典が終了していたらすみません。無料特典があるかは購入ページでご確認ください。

>>無料でAFFINGERのデモを見る

初心者に優しい「JIN」

JIN

料金(税込)¥14,800
おすすめポイント
  • アフィリエイターが制作しているので、ブログやアフィリエイトに最適化されている
  • 初心者にも使いやすいようなカスタマイズが色々とされている
  • 初期のデザインが10種類以上あるので、好みから選べる
PageSpeed Insightsの数値
  • モバイル:49
  • パソコン:88
アンケート総合評価3.97 / 5.00
評価の高いポイント
  • ググると情報が沢山出てくる
  • マニュアルのわかりやすさ
  • 必要な機能が備わっている
  • 逐次更新がされている

JINの概要

JINはアフィリエイターとして著名なひつじさんが制作したWordPressテーマです。
初心者にも扱いやすく利用者が多いことから僕も一番最初に導入したのはJINでした。

主にブログやアフィリエイトに向いたテーマと言えますが、コーディングができるのであればホームページなどでも使用可能です。

ただし、PageSpeed Insightsの数値や下記の評価を見ればわかる通り、サイトの表示速度が少し課題と言えます。
一応僕は色々と策を講じてサイトスピードを改善することに成功したので、設定方法は別ブログのJINのレビューにて解説をしています。

なお、既に解説をした通りConoHa WINGと一緒に購入することで割引で購入することができます。

利用者によるJINの評価

JINの評価
※アンケート回答人数:29名
※5段階で「5:大変満足⇔1:大変不満」での回答

総合評価3.97
モバイルフレンドリー3.83
表示スピードの速さ3.62
metaタグの設定のしやすさ3.79
カスタマイズのしやすさ4.00
マニュアルのわかりやすさ4.07
広告の設置のしやすさ4.00
ググって情報が出てくる4.41
必要な機能が備わっている4.24
逐次更新がされている3.66
サポート体制の充実さ4.03

表示スピードが懸念としてあるものの、機能面やサポート体制に対しては突出しています。
実際に利用している方の声として以下のようなものがありました。

  • 豊富な見出しへの変更やランキング表示が手軽にできて、初心者でもおしゃれなサイトを作成することができます。
  • テーマサポートが充実しているので初心者でもデザインのカスタマイズがしやすいです。
  • おしゃれなブログをシンプルに作れるし、使用している人が多いです。

>>JINのデモを見る

豊富な機能が備わった「THE THOR」

THE THOR

料金(税込)¥16,280
おすすめポイント
  • 機能面の充実さの評価が突出している
  • 集客や収益化するための効果的な機能が優れている
  • デザインが整っていておしゃれ
PageSpeed Insightsの数値
  • モバイル:64
  • パソコン:96
アンケート総合評価3.87 / 5.00
評価の高いポイント
  • 必要な機能が備わっている
  • 逐次更新がされている
  • ググると情報が沢山出てくる

THE THORの概要

THE THORは、集客・収益に徹底的にこだわったWordPressテーマです。

機能面が特に際立って評価が高く、サイト運営するための仕組みがしっかりと作られています。
あたかもプロのデザイナーがいるのではないかと思うようなデザインのサイトが作ることができるので、デザインにこだわりたい方にもおすすめです。

利用者によるTHE THORの評価

THE THORの評価
※アンケート回答人数:14名
※5段階で「5:大変満足⇔1:大変不満」での回答

総合評価3.87
モバイルフレンドリー3.93
表示スピードの速さ3.93
metaタグの設定のしやすさ3.43
カスタマイズのしやすさ3.57
マニュアルのわかりやすさ3.43
広告の設置のしやすさ3.93
ググって情報が出てくる4.07
必要な機能が備わっている4.36
逐次更新がされている4.21
サポート体制の充実さ3.86

実際に利用している方の声として以下のようなものがありました。

  • THE THORの利用者は比較的多いのでググると色々情報が出てきて解決できます。
  • デザインがおしゃれで使いやすいです。
  • 自分のサイトでほしいと思った機能が簡単に実装できるのが一番良いと思ったところです。

>>無料でTHE THORのデモを見る

ユーザーフレンドリーな「SANGO」

SANGO

料金(税込)¥11,000
おすすめポイント
  • ユーザーフレンドリーなデザインで洗練されている
  • Web制作に長けているサルワカの中の人が制作
  • デザインが豊富
PageSpeed Insightsの数値
  • モバイル:82
  • パソコン:93
アンケート総合評価3.56 / 5.00
評価の高いポイント
  • 表示スピードの速さ
  • モバイルフレンドリー

SANGOの概要

SANGOは、デザインや表示速度に長けたWordPressテーマです。
それもそのはず、Web制作に関するコーディングをググったことある方なら大抵が目にしたことがあるサルワカの中の方が作っています。

ConoHa WINGと一緒に購入すると1,100円OFFの9,900円で購入することができます。
つまり、本記事で紹介しているテーマの中で一番安く購入することが可能です。

利用者によるSANGOの評価

SANGOの評価
※アンケート回答人数:11名
※5段階で「5:大変満足⇔1:大変不満」での回答

総合評価3.56
モバイルフレンドリー3.91
表示スピードの速さ4.09
metaタグの設定のしやすさ3.55
カスタマイズのしやすさ3.27
マニュアルのわかりやすさ3.73
広告の設置のしやすさ3.00
ググって情報が出てくる3.36
必要な機能が備わっている3.55
逐次更新がされている3.64
サポート体制の充実さ3.55

総合評価は少し低めですが、ブログで月500万くらい稼いでいるクニトミさんも使われているテーマなので費用対効果を考えたら十分と言えるでしょう。
実際に利用している方の声として以下のようなものがありました。

  • 吹き出し、レビュー用ボックス、タイムラインなど多様なカスタマイズが可能になることでオリジナル感の強いものの作成がしやすいです。
  • 値段が安くデザインがかわいらしくて気に入っています。
  • 見る人が安心できるような優しいデザインが特徴的で気に入っています。

>>SANGOのデモを見る

シンプルさとデザインにこだわった「STORK19」

STORK19

料金(税込)¥11,000
おすすめポイント
  • デザインがポップで整っている
  • モバイル表示になによりもこだわっている
  • エディターを使いやすくする工夫がされている
PageSpeed Insightsの数値
  • モバイル:75
  • パソコン:96
アンケート総合評価3.72 / 5.00
評価の高いポイント
  • 必要な機能が備わっている
  • 表示スピードの速さ
  • モバイルフレンドリー

STORK19の概要

STORK19は、前身のSTORKから機能面のパワーアップと表示スピード改善が行われたテーマです。
つまり、既存テーマで出た課題をしっかり改善されたものということになります。

サイト運営する上で課題を改善していく事は不可欠ですが、テーマ側でもしっかり行ってくれることになるので安心して使用することができます。

デザインや機能面に長けているため、WordPress初心者の方でも整ったデザインのサイトやブログを作ることが可能です。

利用者によるSTORK19の評価

STORK19の評価
※アンケート回答人数:6名
※5段階で「5:大変満足⇔1:大変不満」での回答

総合評価3.72
モバイルフレンドリー3.83
表示スピードの速さ4.00
metaタグの設定のしやすさ3.67
カスタマイズのしやすさ3.83
マニュアルのわかりやすさ3.50
広告の設置のしやすさ3.67
ググって情報が出てくる3.67
必要な機能が備わっている4.33
逐次更新がされている3.33
サポート体制の充実さ3.33

機能面で特に優れたテーマであることがわかりますね。
実際に利用している方の声として以下のようなものがありました。

  • WordPress初心者でHTML/CSSの知識がなくても使えるのが最大の利点と感じています。
  • デザインが美しいだけでなく、機能面もしっかりしていて使いやすいです。
  • 表示速度が速いのが良いです。

>>無料でSTORK19のデモを見る

総合評価が高くおしゃれで格好いい「SWELL」

SWELL

料金(税込)¥17,600
おすすめポイント
  • 総合評価が高い
  • おしゃれでかっこいいデザイン
PageSpeed Insightsの数値
  • モバイル:39
  • パソコン:77
アンケート総合評価3.99 / 5.00
評価の高いポイント
  • モバイルフレンドリー
  • 表示スピードの速さ
  • サポート体制がしっかりしている

SWELLの概要

SWELLは美しいデザインのWordPressテーマです。

総合評価で見ると最も高い数値で満足度も高いテーマと言えます。
ただし、表示速度に関してはページ毎にかなりの開きがあり、カスタマイズの仕方によっては表示スピードが遅くなる可能性があります。

その辺の表示速度改善についての知識がないまま使用すると表示速度が遅くなる可能性があるので注意が必要です。

利用者によるSWELLの評価

SWELLの評価
※アンケート回答人数:9名
※5段階で「5:大変満足⇔1:大変不満」での回答

総合評価3.99
モバイルフレンドリー4.22
表示スピードの速さ4.11
metaタグの設定のしやすさ3.78
カスタマイズのしやすさ4.00
マニュアルのわかりやすさ3.89
広告の設置のしやすさ3.89
ググって情報が出てくる4.00
必要な機能が備わっている4.00
逐次更新がされている3.89
サポート体制の充実さ4.11

実際に利用している方の声として以下のようなものがありました。

  • デザインがシンプルで洗練されていることと、開発者さんにブログテーマへの熱量を感じます。
  • カスタマイズがしやすく、ブログの種類に合わせて、ポップなデザインにもできるし、落ち着きのあるシックなデザインにもなるので、ブログ初心者には使用しやすいです。

>>SWELLのデモを見る

シンプルさを追及した「SWALLOW」

SWALLOW

料金(税込)¥9,900
おすすめポイント
  • とにかくシンプルさを追求したテーマ
  • ブログで使うのに最適化されている
  • プロブロガー八木仁平さんが監修している
PageSpeed Insightsの数値
  • モバイル:54
  • パソコン:99
アンケート総合評価3.82 / 5.00
評価の高いポイント
  • 逐次更新がされている
  • サポート体制がしっかりしている
  • ググると情報が沢山出てくる

SWALLOWの概要

SWALLOWは、シンプルさや初心者でも扱いやすいという面から選ばれることが多いWordPressテーマです。

プロブロガーが監修しており、必要最低限のみの機能におさえシンプルさにこだわっています。
シンプルなデザインのブログを使いたい、自分で色々カスタマイズしたいという方におすすめです。

利用者によるSWALLOWの評価

SWALLOWの評価
※アンケート回答人数:5名
※5段階で「5:大変満足⇔1:大変不満」での回答

総合評価3.82
モバイルフレンドリー4.00
表示スピードの速さ3.80
metaタグの設定のしやすさ3.60
カスタマイズのしやすさ3.60
マニュアルのわかりやすさ3.60
広告の設置のしやすさ3.40
ググって情報が出てくる4.00
必要な機能が備わっている3.80
逐次更新がされている4.20
サポート体制の充実さ4.20

実際に利用している方の声として以下のようなものがありました。

  • とにかくシンプルなデザインで、カスタマイズも簡単です。
  • 他のWordPressテーマよりも安くてシンプルなデザインです。
  • 今どきのブログの見た目という感じでポップな感じです。

>>無料でSWALLOWのデモを見る

SEOに強くホームページ作成にも向いている「賢威」

賢威

料金(税込)¥27,280
おすすめポイント
  • SEOに強いウェブライダーが制作・実際に使っている
  • デザインがシンプルで整っている
  • SEOノウハウやコンテンツ制作のマニュアルがついている
PageSpeed Insightsの数値※デモ環境なし
アンケート総合評価3.85 / 5.00
評価の高いポイント
  • ググると情報が沢山出てくる
  • 必要な機能が備わっている
  • モバイルフレンドリー
  • 表示スピードの速さ
  • サポートが充実している

賢威の概要

賢威は、僕も使用していて気に入っているWordPressテーマです。
Webマーケティング業界であれば知らない人がほとんどいない「沈黙のWebマーケティング」著者の松尾さんが代表を務めるウェブライダーが作ったもの。

最新バージョンの賢威8はシンプルなつくりになっていますが、前身の賢威7は色々なデザインの中から自分好みのサイトを作ることができます。(購入すれば賢威8と7両方使えます)
購入者のみが見られるマニュアルやサポートがしっかりしており、SEOやコンテンツ制作のマニュアルがついているというのも魅力の一つです。

利用者による賢威の評価

賢威の評価
※アンケート回答人数:4名
※5段階で「5:大変満足⇔1:大変不満」での回答

総合評価3.85
モバイルフレンドリー4.00
表示スピードの速さ4.00
metaタグの設定のしやすさ4.00
カスタマイズのしやすさ3.25
マニュアルのわかりやすさ3.75
広告の設置のしやすさ3.75
ググって情報が出てくる4.25
必要な機能が備わっている4.00
逐次更新がされている4.00
サポート体制の充実さ3.56

総合評価で見ると他テーマで若干数値が高いものがありますが、機能面やSEOに重要なモバイル対応・表示スピードの速さは申し分なしと言えます。
実際に利用している方の声として以下のようなものがありました。

  • SEO対策の権威でもあるウェブライダー松尾さんが販売されているテンプレートで、内部要素を考え抜いて設計されています。
  • SEOに関する信頼性が抜群に高いです。
  • SEOに強く、バージョンアップしても追加料金無しで新しいテンプレートが使えることが魅力です。

>>無料で賢威のデモを見る

ホームページをWordPressの有料テーマで作るならTCDもおすすめ

ここまでは、どちらかというとブログやアフィリエイトサイトに向いているWordPressテーマを紹介してきました。
ですが、中にはホームページを作りたくてWordPressテーマを探しているという方もいるかと思います。

正直ホームページであってもおすすめは変わらず、特にホームページも作成しやすいWordPressテーマは以下の3つです。

ただし、少し凝ったサイトを作りたいと思ったら上記のテーマでも多少のプログラミングスキルがないと難しいです。
上記テーマを使ってカスタマイズしたいという場合、僕の方で対応することも可能ですが、極力コストをおさえたいということであればTCDのテーマが使いやすいです。

コーポレートサイトにおすすめなテーマについては、以下の記事でも紹介しているので参考にしてみてください。

まとめ

今回は、WordPressの有料テーマについて実際に利用している方67名にアンケートをとりつつ、僕の視点を交えながらおすすめを紹介してきました。

最終的に判断するのは機能面やデザイン面になりますが、気になったものがあれば一度無料でデモ環境を触ってみてくださいね。
おさらいとして今回おすすめしたテーマは以下の通りです。

最初に解説した通り、有料のWordPressテーマはサポートがしっかりしており、細部までこだわって作られていてカスタマイズもしやすいです。
仮にゼロからWordPressテーマを作ろうと思ったら、数百時間かかってもおかしくありません。
実際に途中で紹介したJINは11カ月という歳月をかけて作られたテーマです。

それだけ時間をかけてこだわって作られたテーマを1万円~3万円程度で購入できるのはコスパ良すぎですよね。
是非WordPressへテーマを導入して素敵なサイト・ブログを作っていきましょう。

スキルを身につける プログラミングスクールおすすめ7選!67名の体験から徹底比較

人気No.1プログラミングスクール テックアカデミーのおすすめコース!人気から選ぶ3選

IT業界での転職 SE歴9年が解説!ITに強い転職エージェントおすすめ9選と選び方

WordPress有料テーマおすすめ 【みんなが選ぶ】WordPressの有料テーマおすすめ9選!

ブログ向きWordPressテーマ ブログ向けWordPressテーマおすすめ7選【SEO対策済】

\SNSでシェアする/