SANGOの評判
SANGOを購入検討中の人

「WordPressテーマのSANGOの評判ってどうだろう?」
「かわいいデザインのブログ作るなら向いているかな?」

ワードプレスでブログをはじめようと思って、SANGOのテーマを購入するか迷っているという方も多いのではないでしょうか?
本記事では、実際にSANGOを使っている方に取ったアンケート結果をもとに、評判を解説していきます。

まず、アンケートについては以下のようにとりました。

アンケート概要
  • アンケート対象:SANGOを使っている11名
  • アンケート方法:インターネット調査
  • アンケート期間:2021/4/16~23

SANGOの評判について調べてみると、個人の感想は色々出てくるもののアンケートをとって評判をまとめている記事は少なく感じました。
なので、11名のアンケート結果をもとに客観的な立場で、フリーランスSEOコンサルのミツキが解説をしていきます。

ミツキミツキ

  • 本記事の執筆者:ミツキ
  • フリーランスSEOコンサル兼エンジニア
  • SEO歴、ブログ歴、サイト制作歴いずれも3年ほど
  • SEOメインで売上平均80万円/月くらい、最高300万円(ブログのみは45万円)

なお、WordPressテーマについては以下の記事でも解説している通り、それぞれで強みや弱みがあります。

SANGOの特徴は、なんといってもデザインが洗練されているという点です。
デザインが気に入って購入される方も多く、ブロガーに愛されているテーマと言えます。

それでは、まず特徴や総合評価から見ていきましょう。

エンジニア歴10年以上がオススメするWordPressテーマ

オススメWordPressテーマ
298名にアンケートを取ってわかったオススメテーマを公開!
Webのプロが徹底解説しています。

WordPressテーマSANGOの特徴・総合評価

WordPressテーマSANGOの特徴を簡単にまとめると以下の通りです。

料金11,000円
制作した人サルワカの中の人
STORK19のコンセプト
  • 心地よいWordPressテーマ
  • 居心地のよいデザイン
  • マウス操作でカスタマイズしやすい
  • 表示速度が速い

ブロガー界の有名どころでいうと、ブログで月300万円以上稼いでいるクニトミさんが副業コンパスで使っているテーマです。
パッと見るだけでも、デザインが整ったテーマといえますよね。

それでは、評価としてはどうなっているでしょうか?
アンケート結果による5段階評価では以下のようになっていました。

SANGOの評価

総合評価3.56
モバイルフレンドリー3.91
表示スピードの速さ4.09
metaタグの設定のしやすさ3.55
カスタマイズのしやすさ3.27
マニュアルのわかりやすさ3.73
広告の設置のしやすさ3.00
ググって情報が出てくる3.36
必要な機能が備わっている3.55
逐次更新がされている3.64
サポート体制の充実さ3.55

※アンケート回答人数:11名
※5段階で「5:大変満足⇔1:大変不満」での回答

スピードの速さやモバイルでの扱いやすさという点において、とくに評価が高かったです。
次に、具体的にどのような口コミがあるのか見ていきましょう。

評判からわかるWordPressテーマSANGOのメリット

具体的な口コミに関して、メリットとデメリットに分けて見ていきます。
まずは、メリットからです。

メリット1.デザインが素敵

一つ目のメリットはデザインの素晴らしさです。
何度も言っている通り、SANGOはデザインが非常に洗練されたテーマと言えます。

サルワカというWebサイトやデザインについて解説されたサイトを運営している方が、SANGOを作っているのが要因です。
とくに女性からデザインについて高評価を受けており、可愛らしさや安心感を与えるジャンルのブログを運営する方に向いていると言えます。

「デザインが素敵」についての口コミを見る
  • 吹き出し、レビュー用ボックス、タイムラインなど多様なカスタマイズが可能になることでオリジナル感の強いものの作成がしやすいです。(30代女性)
  • デザインが好きです。他のテーマは未経験ですが、見やすい記事を書きやすい気がします。(30代男性)
  • 見る人が、安心できるような優しいデザインが特徴的で気に入っています。(10代女性)
  • デザインがいい。かわいいというかふんわり感が日常の出来事を書いたりするブログには合っている思います。(40代女性)

メリット2.初心者でもカスタマイズがしやすい

次のメリットは、初心者でもカスタマイズがしやすいという点です。
基本的なデザインの変更については、コーディングなしでマウス操作のみで行えます。

色々と設定項目があると初心者は迷ってしまいますが、最低限設定する項目が用意されているので、扱いやすいです。

「初心者でもカスタマイズがしやすい」についての口コミを見る
  • あまり良く考えなくてもある程度の見た目にはなってくれるのが助かります。色も多彩に用意されていていいと思います。(40代男性)
  • 基本的にクリックだけで作成できるため、初心者でも扱いやすく、たいへん使いやすいです。(10代男性)
  • パステル調の配色で目に優しく、見出しや強調したい部分のカスタマイズが初心者でも簡単に行えるます。(40代女性)

メリット3.SEO内部対策がしっかりしている

三つ目のメリットは、SEO内部対策がしっかりしているという点です。
SEO内部対策については、SANGOの特徴にも書かれている通り、WordPressテーマを変えたからといって大きく検索順位は変わりません。

なぜなら内部対策はもちろん大事ですが、最近はコンテンツの質がより求められているからです。
とはいえ最低限の対策をされていることは重要な点で、SANGOはその点から見るとしっかり対策されていると言えます。

「SEO内部対策がしっかりしている」についての口コミを見る
  • 非常にSEOに特化したワードプレステーマなので、初心者でもSEOにあれこれと悩む必要がなく記事作成に集中して取り組める点がいいです。(40代男性)

メリット4.複数サイトで利用できる

続いてのメリットは、複数サイトで利用できるという点です。

WordPressテーマの中には、テーマを購入しても1サイトでしか使用できないようなものがあります。(例:STORK19など)
一方、SANGOは一度購入すれば自分が使用する場合は複数サイトで使って問題ありません。
※第三者のサイトをSANGOで作る場合は、 ふたつ購入する必要があります。

複数のブログやメディアを運営する予定があるという方にとっては、嬉しいですよね。

「複数サイトで利用できる」についての口コミを見る
  • 1度購入すると複数のサイト作成で利用できる点です。また、マニュアルの内容は簡単なので初心者でも扱いやすいテーマです。(30代男性)

メリット5.サーバーと同時購入で料金が安くなる

最後のメリットは、サーバーと同時に購入すると料金が安くなるという点です。

すでに書いた通り、SANGOは11,000円で購入できます。
WordPressテーマで有料のものの中でも、11,000円というだけでも安いですが、レンタルサーバーのConoHa WINGと同時購入で更に安くなります。

単体購入の場合

テーマの料金11,000円
サーバー代(12カ月の場合)10,692円(891円×12カ月)
合計21,692円

SANGOとConoHa WINGで同時購入の場合

テーマの料金11,000円9,900円
サーバー代(12カ月の場合)10,692円(891円×12カ月)
合計20,592円

参考:エックスサーバーのX10プラン(本サイトで使用)の場合

初期費用3,300円
月額費用(12カ月の場合)13,200円(1,100円×12カ月)
サーバー代+SANGOの料金27,500円(11,000円+3,300円+13,200円

※料金は2021/5/27時点の、キャンペーンを適用しない場合のものです。

ConoHa WINGでセット購入するのがお得というのが一目瞭然と言えますよね。
なので、まだレンタルサーバーの契約が終わっていないという方で、SANGOを購入しようと思っている方はConoHa WINGと同時購入がオススメです。

ConoHa WINGとSANGOを同時購入する

評判からわかるWordPressテーマSANGOのデメリット

次にデメリットについても見ていきましょう。

デメリット1.ジャンルによってはデザインが合わない

一つ目のデメリットは、ジャンルによってはデザインが合わないという点です。
とくにかっこいいデザインのブログ・サイトを作りたいという方にとっては向いていないテーマと言えます。

アンケート結果を見ても、かっこよさを感じないというものが複数ありました。
既存のWordPressテーマを使う以上、この点はよくある話で自分の好みに合ったデザインのテーマを選ぶことが大事です。

もし、かっこいいデザインのWordPressテーマを探しているのであれば、AFFINGERをオススメします。

「ジャンルによってはデザインが合わない」についての口コミを見る
  • 可愛いけれど、ブログのジャンルによっては雰囲気が合わないかもしれません。(40代女性)
  • ふんわりとしたデザインの印象なのでかっこよさがいまいち感じられません。(40代男性)
  • 逆に色が多すぎて迷った挙げ句何もしないこともありえます。(40代男性)

デメリット2.カスタマイズの幅が少し狭い

ふたつ目のデメリットは、カスタマイズの幅が少し狭いという点です。
このデメリットについても、WordPressテーマのあるあるかと思います。

操作性やサイトの表示スピードなどを重視すると、どうしても搭載する機能は最小限にしなければなりません。
そのため、細かいところをカスタマイズしようと思うとCSSなどをいじる必要が出てきます。

なので、似たようなブログができてしまうというのは、SANGOを使う上で許容すべき点と言えます。

「カスタマイズの幅が少し狭い」についての口コミを見る
  • このテーマを選んだ時はわからなかったけど、カスタマイズが難しいので、SANGOを使っているサイトはどれも似たり寄ったりな感じになります。(40代女性)
  • カスタマイズの幅が狭いのが残念なポイントです。細かい設定をするには追加でプログラムコードの編集を行う必要があり、手間がかかってしまいます。(10代女性)

WordPressテーマSANGOがオススメな方

ここまでWordPressテーマSANGOの評判を元にメリットとデメリットについて見てきました。

総括すると、SANGOを使うのがオススメなのは以下のような方です。

SANGOがオススメな方
  • ブログをこれからはじめる初心者の方
  • SANGOのデザインが好きな方
  • なるべく安くブログをはじめたい方

三つ目の点に関しては、すでに解説した通りまだサーバーを契約していないのであれば、ConoHa WINGと同時購入がコスパ抜群です。

ConoHa WINGとSANGOを同時購入する

これからブログをはじめるという方はとくに、テーマ選びで時間を使ってしまうのは非常にもったいないです。
というのも、ブログで稼ごうと思うのであれば一番大事なのは、記事の内容です。

その重要な記事の品質を高めるためには記事を書いていくしかありません。
なので、自分好みのテーマが見つかったらブログを立ち上げてすぐに記事執筆に取り掛かりましょう。

もし、SANGOが微妙かも…と思ったかたは、以下の記事も参考にしていただければと思います。