WordPressテーマTCDの評判を実際の口コミやエンジニア目線で解説

WordPressインストール

「WordPressのテーマのTCDの評判ってどうだろう?」
「使いやすいテーマなのか知りたいな。」

WordPress テーマを探していてTCDのテーマが気になっているという方も多くいるかと思います。
色々な広告でTCDを目にしたり、WordPressについて調べているとTCDのメディアが出てきたりとかなり露出の多いWordPressテーマと言えます。

それもそのはずで、2021/5/19時点、80個近い数のテーマがTCDから公開されています。
おそらく日本でトップクラスに色々なデザイン・機能のWordPressテーマを出しています。

そこで、実際に使用するにあたって気になるのが世間の評判かと思います。
僕も普段サイト制作の仕事やSEOコンサルの仕事をしており、TCDのテーマを使用したことはあるのですが、世間の評価はどうなのかということで以下のようにアンケートを取りました。

  • アンケート方法:インターネット調査
  • アンケート対象:TCDを使っている13名
  • アンケート期間:2021/4/16~23

上記のアンケートでわかったことやサイト制作を行うエンジニアの目線で、TCDの評判について詳しく解説をしていきます。

  • 本記事の執筆者:ミツキ
  • フリーランスSEOコンサル兼エンジニア
  • SEO歴、ブログ歴、サイト制作歴いずれも3年ほど
  • TCDのHEALを使用してサイト制作の経験あり(TCD上のWeb制作会社としても紹介されています)
  • SEOメインで売上平均80万円/月くらい、最高300万円

TCDのWordPressテーマを使うか迷っているという方はぜひ参考にしてみてください。

有料WordPressテーマでブログやメディア運営で人気No.1はこれ!
AFFINGERの評判

155名にアンケート取った結果&SEOコンサル兼エンジニアがイチオシのテーマはAFFINGERです。

WordPressテーマTCDの特徴

まずはWordPressテーマTCDの特徴について見ていきましょう。

価格1万円~5万円前後
テーマにより異なる
制作した会社株式会社デザインプラス
公開されているWordPressテーマの数76個 ※2021/5/19時点
TCDテーマ共通の特徴
  • デザインがきれい
  • 様々なニーズに合わせた機能に対応
  • 初心者に優しいカスタマイズ機能がついている
    ※テーマによる
  • 無料でバージョンアップできる

上記の通り、特定のニーズを満たすというのではなく、様々なニーズに対応したテーマと言えます。
それでは、TCDの世間の評判としてはどうでしょうか?

口コミやエンジニア目線によるTCDの総合評価

まず分かりやすいように、アンケート結果による評価を見ると以下の通りとなっています。

総合評価3.39
モバイルフレンドリー3.62
表示スピードの速さ3.46
metaタグの設定のしやすさ3.31
カスタマイズのしやすさ3.46
マニュアルのわかりやすさ3.62
広告の設置のしやすさ3.15
ググって情報が出てくる2.62
必要な機能が備わっている3.54
逐次更新がされている3.69
サポート体制の充実さ3.46

※アンケート回答人数:13名
※5段階で「5:大変満足⇔1:大変不満」での回答

上記の通り、本音で回答して頂いたので少しシビアな数値となっています。
アンケート評価に加えて、エンジニア・SEOコンサル目線でTCDのテーマについて言えることは以下となります。

  • SEOについては十分対策できている
  • 独自のカスタマイズ機能があって初心者でも扱いやすい
    ※クライアントのサイトを制作した後の運用面を考えると楽
  • 最初からデザインが整っているので、制作しやすい

サイト制作の仕事をしていると、サイト制作後の運用を考えずにサイト構築している人もよく見受けられます。
ただ、サイトは作って終わりではありません。
作ってからユーザーの反応を見つつ、最善な形に改善していくことが不可欠といえます。

なので、運用しやすいサイトであるかというのは非常に重要です。
その機能が備わっているTCDのテーマは優秀と言えます。

※エンジニア目線のちょっとマニアックな話もあるので、気になる方は以下を開いて確認してみてください。

TCDの各種テーマにはカスタム投稿がついています。
そのカスタム投稿の活用の仕方はそれぞれですが、テーマによってひとつひとつ違うので必要なカスタム投稿がついているかを確認することが負荷を少なく制作できるかがポイントです。

また、TCD独自の機能としてコンテンツビルダー・ページビルダーというものがあり、これをうまく活用できるかが制作後の運用を見据えた形に出来るかが鍵と言えます。
>>コンテンツビルダー
>>ページビルダー

実際の利用者の口コミによるWordPressテーマTCDのメリット

それでは、TCDを実際に利用している方の口コミとしてどのようなものがあるか見て行きましょう。
まずは、メリットの面から5つ紹介していきます。

メリット1.初心者でもプロのようなサイトを作ることができる

TCDは、コンテンツビルダーやページビルダーという独自のカスタマイズ機能があります。(テーマによってはないものもあり)
本来であれば、コーディングが必要なものについても、TCD独自の機能を使うことによってコーディングなしでサイトに実装することができます。

なので、初心者の方でもプロのようなサイトを作ることが可能な作りとなっています。
正直サイト制作を行うエンジニア泣かせなところですが、それなりにパソコン操作に慣れている方であればそこそこのサイトを作ることができます。
※デザインや機能を細かいところまでしっかりとこだわりたい、狙ったキーワードで上位化したいという場合は専門家の手が必要。

  • レイアウト通りにコンテンツを埋めていくだけで、事業内容・社歴・インタビューページが完成するようになっています。(20代男性:MASSIVEを使用)
  • WordPress初心者の自分が、そこまで高価ではなく、最低限のカスタマイズも出来、視覚的に扱いやすく感じたので同じ初心者にはおすすめだと思います。(30代男性:OOPS!を使用)
  • 編集のしやすさがイチオシポイントです。初心者でも記事投稿がしやすいです。(20代男性:HEALを使用)

メリット2.デザインが良く色々な種類の中から選ぶことができる

二つ目のメリットはデザインが良くて、色々な種類から選ぶことができるという点です。

前述したとおり、TCDには2021/5/19時点で76個のテーマが公開されています。
デザインや機能面などから自分に合ったものを選ぶことができるため、汎用的に使われているWordPressテーマと言えます。

  • トップスライダーの流れるモーションがオシャレ!ファーストインパクトでキレイなサイトだと期待ができます。(30代男性:NOELを使用)
  • シンプルでおしゃれな感じのテーマで美容ブログに最適だと思いました。高級感もあるため、紹介したいコスメなどをメインに打ち出しやすいです。(30代女性:Beを使用)

メリット3.女性らしい可愛らしいデザインのサイトが作れる

続いてのメリットは、女性らしい可愛らしいデザインのサイトが作れるという点です。
この点に関しては、TCDテーマのBeを使用している方から特に出てきた声です。

女性向けと言って推しているWordPressテーマはあまりないので、貴重なWordPressテーマと言えます。
ブログやメディアの運営で女性をターゲットとしているのであれば、Beが向いていますね。

  • いかにも女の子らしい感じでたまらなく可愛いのと、インスタ映えが狙いやすい感じが気に入ってます。記事を書くと一覧に写真が並ぶのも可愛くて更新するのが楽しみになります。(20代女性:Beを使用)
  • 女性向けのテーマなので、見ているだけで楽しくなるのが魅力です。可愛いので他のサイトとの差別化も出来て良いと思います。(30代女性:Beを使用)

メリット4.ECサイトや会員サイトを簡単に作ることができる

4つ目のメリットは、ECサイトや会員サイトを簡単に作れるという点です。
昨今の世界の情勢からオンラインで完結させるサービスというのが数多く増えています。

その中でも、ECサイトや会員サイトの需要はかなり増えたのではないでしょうか。
TCD以外のテーマでもプラグインを使ってECサイトや会員サイトを作ることはできますが、それ専用のWordPressテーマはほとんどありません。

細部までこだわって作られているからこその利点もあるため、ECサイトや会員サイトを作ろうと考えてる方はTCDがおすすめです。

ECサイトが作れるTCDのテーマ

会員サイトが作れるTCDのテーマ

  • WooCommerceという決済システムを簡単に導入することができます。(30代男性:EGOを使用)
  • 見た目がかっこ良く、商品数が多くても探しやすい工夫がされています。(30代男性:GLAMOURを使用)
  • 私のやっているビジネスは会員登録をしてもらう形からはじまるのですが、その設定がしやすかったのが良いです。(30代女性:ZOOMYを使用)

メリット5.イベント情報の掲載を簡単にすることができる

最後のメリットは、イベント情報の掲載を簡単にできるという点です。
イベント情報は、未来日付の予定から終了したイベントまで掲載する必要があります。

それらを実装するには通常コーディングスキルが必要で、しっかりと作り込んでいかなければなりません。
僕も実際にイベント情報を掲載するサイトを作ったことがありますが、コーディングスキルが必要で結構手間でした。(参考:品川区ママのワークショップ・イベント情報|Mother Nature’s Son

これがTCDであれば簡単に実装することができます。

イベント情報の掲載ができるTCDのテーマ

  • 公演などのスケジュール登録が出来て、スケジュールを過ぎると自動的に表示されなくなるので削除の手間がいりません。(30代男性:AVANTを使用)

実際の利用者の口コミによるWordPressテーマTCDのデメリット

続いて、TCDの良い面だけでなくデメリットについても見ていきましょう。

デメリット1.細かな調整をするのが初心者だと難しい

一つ目のデメリットは細かな調整をするのが初心者だと難しいという点です。
実際の声について見てみると以下の通りとなっています。

  • WooCommerceをくみこんでいるので、商品ページの細かなレイアウト修正が素人にはできないです。(30代男性)
  • スケジュールの曜日などを日本語に切り替えるのにPHPの知識が多少必要です。(30代男性)
  • 他のテーマにも言えることですが、基本的なページは簡単に作れますが、文字の大きさだったり、コンテンツの表示位置の調整だったりが出来そうで出来ない部分が多くありました。(30代男性)

TCDは、基本のテンプレートが用意されていてそこに必要な情報を入れることで簡単にサイトを作ることができます。
ただその一方で細かな修正はHTMLやCSSの知識が必要となります。

細部までこだわったサイトを作りたいという場合は、ご自身でスキルを身につけるか専門家にお願いするのがいいですね。

デメリット2.スマホでの表示が好みに合わないことがある

続いてのデメリットはスマホでの表示が好みに合わないことがあるという点です。
正直こちらのデメリットについては、購入前にデモサイトでしっかり確認しておけば解消できる問題と言えます。

サイトのジャンルにもよりますが、最近ではパソコンよりもスマホユーザーの方が多くなっています。
なので、WordPressテーマを購入する際はパソコン表示だけでなく、スマホ表示もしっかりと確認するようにしましょう。

  • 完成した記事について、PCとスマホで表示が変わってしまう点です。(30代女性)
  • スマホで見るとデザインがあまりカッコよくないなと感じます。使いやすさ重視で選びましたがその反面デザインがシンプルすぎます。(30代女性)

デメリット3.金額が高いものがある

最後のデメリットとしては、金額が高いものがあるという点です。
現在公開されているテーマでいうと、ZOOMYというテーマが49,800円と一番高くなっています。

他のテーマもしっかり機能が整ったものを選ぶとすると2万円~4万円という金額です。
おそらくこの金額だけ見ると高いと思う方が多いのではないでしょうか?

ですが、コーディングなしで企業のホームページなどをしっかりと作り込めるWordPressテーマは他にあまりありません。
仮に他のWordPressテーマで作る場合、エンジニアに外注することになり、数十万かかってしまうこともあります。
なので、その点を考えるとむしろ安いと言えます。

※TCDのテーマでもブログやメディア向けのテーマは、他のテーマと同じくらいの1万円台となっています。

WordPressテーマTCDの価格や種類を機能別に紹介

ここまでWordPressテーマTCDの評判に着目して解説をしてきました。
評判を見た結果、TCDを使ってみようと思っている方もいるかと思いますが、TCDの中でどれを選ぶべきか迷ってしまうという方も多くいるかと思います。

なので、わかりやすく機能面に着目しておすすめのテーマを紹介します。
おすすめとして選定している基準としては以下の通りです。

  • 2021年に入ってからバージョンアップされている
    ※バージョンアップされてないものは今後廃止される可能性あり
  • ブログ・メディア向けのテーマでないもの
    ※ブログやアフィリエイトサイトなどのメディアにおすすめなテーマは有料テーマおすすめ8選で紹介しています
  • 機能が整っているもの(次に挙げる項目で三つ以上該当するもの)

上記で絞っても33個ありました。
なお、機能面についてはTCD公式サイトでもある通り、以下の項目です。

  • 縦書き:部分的に縦書きを使用することができる
  • 会員登録:会員登録・マイページの機能がついている
  • ヒーローヘッダー:ファーストビューで画像を大きく見せ、ユーザーに印象を与えることができる
  • 動画:ファーストビューに動画を表示することができる
  • ポータル:大規模メディアでも構築・運用がしやすいようになっている
  • パララックス:ユーザーに魅力的なサイトを演出する効果がある
  • グリッドレイアウト:グリッドレイアウトにすることができる
  • カラム選択:2カラムや3カラムなどレイアウトを選択できる
  • コンテンツビルダー:トップページの各コンテンツをマウス操作で変更できる
  • ページビルダー:各ページのコンテンツの挿入や変更が簡単にできる
  • 高度検索機能:複数の検索条件による検索ができる

公式サイトから探すでもいいですが、一覧になっておらず分かりづらいと思う方もいるかと思います。
なので、少し情報量が多くはなりますが表でまとめてみました。

※横スクロールできます。

テーマ特徴・おすすめなサイト料金直近1年間
ランキング
歴代人気
ランキング
縦書き会員登録ヒーロー
ヘッダー
動画ポータルパララックスグリッド
レイアウト
カラム
選択可能
コンテンツ
ビルダー
ページ
ビルダー
高度検索
機能

NANO
コーポレートサイト向き34,800円1位2位

GENSEN
高度な検索機能がついたポータルサイト向き39,800円2位1位

CURE
清潔感がある医療機関向き25,800円3位

EVERY
会員登録・マイページ機能をつけたいWebメディア向き39,800円4位

FAKE
スタートアップ企業のコーポレートサイト向き22,800円5位8位
テーマ特徴・おすすめなサイト料金直近1年間
ランキング
歴代人気
ランキング
縦書き会員登録ヒーロー
ヘッダー
動画ポータルパララックスグリッド
レイアウト
カラム
選択可能
コンテンツ
ビルダー
ページ
ビルダー
高度検索
機能

Switch
コワーキングスペース向き24,800円6位4位

HAKU
日本伝統を世界へ伝えたい方向き29,800円7位

ZOOMY
会員登録・マイページを持たせたいSNS用49,800円8位

ANTHEM
収益UPに繋げたいECサイト向き33,800円9位

HEAL
清潔感あるエステサロン向き27,800円10位
テーマ特徴・おすすめなサイト料金直近1年間
ランキング
歴代人気
ランキング
縦書き会員登録ヒーロー
ヘッダー
動画ポータルパララックスグリッド
レイアウト
カラム
選択可能
コンテンツ
ビルダー
ページ
ビルダー
高度検索
機能

FORCE
ベンチャー企業のコーポレートサイト向き26,800円11位

Tree
飲食店の魅力を伝えたい方向き25,800円12位

OOPS!
LP向き19,800円3位

ICONIC
シンプルなデザインのECサイト向き39,800円6位

meets
旅行系サイト向き25,800円
テーマ特徴・おすすめなサイト料金直近1年間
ランキング
歴代人気
ランキング
縦書き会員登録ヒーロー
ヘッダー
動画ポータルパララックスグリッド
レイアウト
カラム
選択可能
コンテンツ
ビルダー
ページ
ビルダー
高度検索
機能

EGO
おしゃれなECサイト向き39,800円

GLAMOUR
大手ECサイトに似せたデザインのECサイト向き39,800円

KADAN
日本の旅館・神社・レストラン向き22,800円
DROP高機能なLP向き32,800円

MASSIVE
求人サイト向き25,800円
テーマ特徴・おすすめなサイト料金直近1年間
ランキング
歴代人気
ランキング
縦書き会員登録ヒーロー
ヘッダー
動画ポータルパララックスグリッド
レイアウト
カラム
選択可能
コンテンツ
ビルダー
ページ
ビルダー
高度検索
機能

TOKI
多言語に対応可能なメディア向き32,800円

FAMOUS
個人ブランディングのためのLP向き25,800円

AGENDA
政治家・フリーランスの個人サイト向き22,800円

BIRTH
信頼感を与えたい医療機関向き22,800円

BEAUTY
詳細検索機能をつけたい美容院向き19,800円
テーマ特徴・おすすめなサイト料金直近1年間
ランキング
歴代人気
ランキング
縦書き会員登録ヒーロー
ヘッダー
動画ポータルパララックスグリッド
レイアウト
カラム
選択可能
コンテンツ
ビルダー
ページ
ビルダー
高度検索
機能

STYLY
高度検索機能をつけたいメディア向き15,800円

VOGUE
ブランディングに最適19,800円

NOEL
美容クリニックやエステサロンなど美しさを際立たせたい方向き34,800円

MIKADO
日本の伝統を圧倒的な世界観で伝えたい方向き33,800円

NUMERO
ポップカルチャー向き24,800円
テーマ特徴・おすすめなサイト料金直近1年間
ランキング
歴代人気
ランキング
縦書き会員登録ヒーロー
ヘッダー
動画ポータルパララックスグリッド
レイアウト
カラム
選択可能
コンテンツ
ビルダー
ページ
ビルダー
高度検索
機能

ROCK
グリッドレイアウトでおしゃれなウェブマガジンを作りたい方向き29,800円

UNIQUE
クリエイターのブランディング向き12,980円

MAXX
店舗の集客・売上UPに繋げたい方向き12,980円

上記の表は、直近1年間のランキング>歴代人気ランキング>機能数の多さの順で並べています。
※直近1年間というのは、2021/5/19から見ての1年間です。

まとめ

今回は、TCDのWordPressテーマについて評判やおすすめテーマについて紹介をしてきました。

TCDを使えば初心者でも簡単にプロのようなサイトを作ることができ、コーポレートサイトだけでなく EC サイトや医療関係・飲食店のホームページなど様々な分野に対応しています。

デモページを見ることでイメージがつきやすくなりますので、上記の表を参考に是非時になるものを見ていただければと思います。

スキルを身につける プログラミングスクールおすすめ7選!67名の体験から徹底比較

人気No.1プログラミングスクール テックアカデミーのおすすめコース!人気から選ぶ3選

IT業界での転職 SE歴9年が解説!ITに強い転職エージェントおすすめ9選と選び方

WordPress有料テーマおすすめ 【みんなが選ぶ】WordPressの有料テーマおすすめ9選!

ブログ向きWordPressテーマ ブログ向けWordPressテーマおすすめ7選【SEO対策済】

\SNSでシェアする/