WordPress固定ページのHTML編集
WordPress初心者

「WordPressの固定ページをHTMLで編集することってできるかな?」

WordPressで単体のページを作成する際に活用する固定ページ。
エディターで文章やリスト・表を入れるのは簡単ですが、凝ったデザインなどにしたい時はHTMLでソースコードを書く必要があります。

そんな時に直面するのが、「そもそも固定ページをHTMLで編集するってどうやるんだろう?」という問題です。
そこで今回は、固定ページをHTMLで直接編集する方法を3つ紹介します。

それぞれのメリットやデメリットも合わせて解説をしていくので、固定ページを通常のページとデザインなど変更したい方は参考にしてみてください。

ミツキミツキ

「本記事は、WordPress歴3年くらいでWeb制作しつつSEOコンサルとしてフリーランスをしているミツキが解説していきます。」

エンジニア歴10年以上がオススメするWordPressテーマ

オススメWordPressテーマ
298名にアンケートを取ってわかったオススメテーマを公開!
Webのプロが徹底解説しています。

WordPressで固定ページをHTML編集するケース

はじめに、どういったケースで固定ページのHTML編集をするケースがあるのか解説していきます。
イレギュラーケースを除くと、以下のようなケースが挙げられます。

  • テーマデフォルトのデザインから変えたい場合
  • ページ毎で凝ったデザインにしたい場合
  • テーマデフォルトにないスタイルを適用したい場合

    実際に僕がWordPressのサイトを運営したりサイト制作の仕事を請け負う際に用いるのは上記のようなケースです。
    いくつかHTML編集をする場面があり、3つの方法はケースに応じて使い分けています。

    なので、3つの方法を紹介しつつ、どんな場面で使うのがおすすめなのかも紹介していきます。

    固定ページをHTML編集する方法1.ブロックエディターのカスタムHTML

    固定ページをHTML編集する方法の一つ目は、ブロックエディターのカスタムHTMLです。

    具体的に画面をお見せしながら解説していこうと思いますが、そもそもの固定ページをブロックエディターで編集する方法については以下を参考にしてみてください。

    WordPressの固定ページを編集・更新する方法を解説

    ブロックエディターでHTML編集する方法は、2つあります。

    ブロックを新規追加する場合

    ブロックを新規追加して、HTML編集する場合は以下のように操作します。

    まずブロックの追加をします。

    ブロックエディターでのHTML編集1
    ※ブロックの追加は画面左上か追加したい箇所の右側にある「+」ボタンをクリックします。

    次に「カスタムHTML」が既に出ている場合はその箇所(下図の赤枠)を、出ていない場合は「すべてを表示」(下図の緑枠)をクリックします。

    ブロックエディターでのHTML編集2

    「すべてを表示」をクリックすると左部にツールバーが出てくるので、「カスタムHTML」を探して選択します。

    ブロックエディターでのHTML編集3

    上記の手順を実施すると以下のようにHTMLにて編集できるようになります。

    ブロックエディターでのHTML編集4

    既存のブロックをカスタムHTMLへ変更する場合

    既存のブロックをHTMLで編集する場合は、変更したいブロックを選択し、「オプション」から「HTMLとして編集」をクリックします。

    ブロックエディターでのHTML編集5

    すると以下の画面のようにHTMLにて編集ができるようになります。

    ブロックエディターでのHTML編集6

    ブロックエディターにて、HTML編集する方法は以上の通りです。
    続いてクラシックエディターでHTML編集する方法について見ていきます。

    固定ページをHTML編集する方法2.クラシックエディターのテキストモード

    クラシックエディターでHTML編集する方法はワンステップです。
    以下のようにクラシックエディターの編集画面で「テキスト」タブを選択します。

    クラシックエディターでのHTML編集1

    するとHTML編集が可能となります。

    クラシックエディターでのHTML編集2

    ただし、クラシックエディターでHTML編集する際に一つ注意点があります。
    それは、WordPressテーマにもよりますが、基本のデフォルト設定だとタグが削除される可能性があるということです。

    どういうことかというと、WordPressの機能としてwpautopというものがあります。
    この機能は、不要と判断した以下のようなタグがテキストエディタからビジュアルエディタに変更した際やページを保存した際に削除されるというものです。

    • pタグ
    • brタグ
    • spanタグ
    • iタグ

      これを防ぐには、functions.phpに追記をしたりプラグインをしたりという方法で対策をする必要があります。

      固定ページをHTML編集する方法3.テンプレートファイルのソースを直接編集

      3つ目の方法は、テンプレートファイルのソースコードを直接編集するというものです。
      固定ページの表示のさせ方については、テンプレートファイルの「page.php」にて制御されています。

      詳しくは別途解説するので、こちらでは簡単に解説します。
      テンプレートファイルを編集するには、「外観」->「テーマエディター」から「page.php」というファイルを選択します。

      テンプレートファイルでのHTML編集

      するとテンプレートファイルの編集をすることができます。
      ここで注意点としては、親テーマをいじってしまうとテーマがアップデートされた際にせっかく編集した内容が消えてしまうという点です。
      なので、編集する際は必ず子テーマを作成して行うようにしましょう。

      固定ページ毎に編集する場合

      page.phpを編集すると固定ページ全てに変更内容が反映されます。
      それが嫌という場合は、固定ページ毎に編集することができます。

      どのように行うかというと以下の手順にて行います。

      1. 「page.php」をローカルへダウンロードする
      2. 「page-<パーマリンク>.php」というファイル名に変更
        ※個別に変更したい固定ページのパーマリンクが「wordpress」であれば「page-wordpress.php」
      3. ファイル名を変更したファイルをテーマのフォルダへアップロード

        ※ファイルのダウンロードやアップロードはFTPにて行いますが、僕はWindowsユーザーなのでFFFTPというソフトを使用しています。

        以上がテンプレートファイルにて、HTML編集を行う方法となります。

        固定ページをHTML編集する方法それぞれのメリットとデメリット

        ここまで、固定ページをHTML編集する方法を3つ紹介してきましたが、「いったいどれを使えば良いのか…」と迷ってしまう方もいるかと思います。
        なので、最後にHTML編集する方法それぞれのメリットデメリットを紹介しつつ、おすすめの使い方について書いていきます。

        表にした方がわかりやすいと思うので、表で表すと以下の通りです。

        編集方法メリットデメリット
        ブロックエディターでの編集
        • ブロックごとにHTML編集に切り替えられる
        • WordPress初心者の方も扱いやすい
        • 複数個所編集する場合は手間がかかる
        • 日頃クラシックエディターを使っている場合は使えない
        クラシックエディターでの編集
        • 記事全体をHTMLのソースコードで見れる(開発者としての利点)
        • ソースコードわからない方にとって固定ページの編集のハードルが上がる
        • 日頃ブロックエディターを使っている場合は使えない
        テンプレートファイルでの編集
        • ページ単位でスタイルなどの変更ができる
        • 容易に変更させないことでスタイル崩れを防げる
        • 開発者でないと扱いづらい

        ざっくりメリットとデメリットは上記の通りで、僕が個人的におすすめする使い分け方法としては以下の通りです。

        固定ページの編集を手軽にさせたい場合
        • ブロックエディターでの編集
        固定ページの編集はサイト管理者や開発者のみにしたい場合
        • クラシックエディターでの編集
        • テンプレートファイルでの編集

        多分Web制作の仕事をされている方なら、「こちらでしっかりと作り込んだのにクライアントが勝手にいじってサイトデザインが崩れてしまう…」という経験をしたことある方が多いと思います。
        なので、ソースコードやWordPressの仕組みをしっかり理解している方のみ固定ページの編集をできるようにしたい場合は後者、固定ページの編集をクライアントでも気軽にできるようにしたい場合は前者を選択するという感じです。

        なお、ブロックエディターであればブロック単位で変更できるので、カスタムHTMLではない表や文章の部分をクライアントが触ってもスタイルが崩れることはありません。

        まとめ

        今回はWordPressの固定ページをHTML編集する方法を紹介しました。

        おさらいすると固定ページをHTML編集する方法は以下の3つです。

        • ブロックエディターでの編集
        • クラシックエディターでの編集
        • テンプレートファイルでの編集

          サイト制作の目的、どのように運用するかによってしっかりと使い分けていきましょう。