Redmineのプロジェクトをコピーする方法を解説

Redmine Redmine-プロジェクト

本記事のテーマ

  • Redmineのプロジェクトコピーする方法

Redmineを使っていると時にプロジェクトをコピーしたいと思うことがあります。 設定情報だったり、チケット情報だったり、似たようなプロジェクトだったらコピーした方が早いことありますよね。そこで今回はプロジェクトをコピーする方法を見ていきます。
 

目次

 

Redmineのプロジェクトをコピーする方法

Redmineのプロジェクトをコピーする方法を動画で解説

下記はRedmineのプロジェクトをコピーする画面を追っています。音無しとなっていますので職場などでも気軽にご覧ください。

Redmineのプロジェクトをコピーする方法を画面で解説

ここではRedmineのプロジェクトをコピーする方法を画面を追って見ていきましょう!

①プロジェクト管理画面よりコピーしたいプロジェクトのコピーを選択します。

②コピー先のプロジェクトの内容に応じて必要事項を入力・選択しコピーボタンを押下します。基本的な設定内容はプロジェクト作成時と同じなので、【Redmine】プロジェクトを作成する方法をわかりやすく解説をご覧下さい。

※コピー独特の設定内容に関しては後述します。

③コピーが完了すると、「作成しました。」というメッセージが出力されてプロジェクトのコピーが成功です。

④プロジェクト管理画面に戻るとプロジェクトがコピーされたことが確認できます。

Redmineのプロジェクトコピー時の設定項目について

ここでは、プロジェクトをコピーする際の設定項目について解説してきます。

基本的な設定は作成時と同様でコピーで独特なのは最下部のコピーのボックス内になります。ここでは何をコピー対象とするのかを選ぶことができます。

  • メンバー
  • バージョン
  • チケットのカテゴリ
  • チケット
  • カスタムクエリ
  • フォーラム
  • Wikiページ

その時々に合ったものをコピーするようにしましょう!

Redmineのプロジェクトコピーができる権限

Redmineのプロジェクトをコピーするにはシステム管理者の権限が必要です。ユーザ管理画面にて下記のチェックが入ってるユーザのみコピーができるので、適切なユーザで作業をしましょう。

最後に

今回はRedmineのプロジェクトコピーの方法を見てきました。簡単ですよね?
プロジェクトの他の使い方については下記をご参照ください。

またRedmineについてもっと詳しく見たい方は下記より御覧下さい。