112_SEO記事削除 (1)
ブログ初心者

全然見られてない記事があるけど、これって消した方がいいのかな?

ブロガー兼SEOコンサルのミツキ(@ptnimz1987)です♪

見られていない記事を削除したほうがいいか悩んでいる方向けに、今回は下記のテーマで解説をしていきます。

  • 不要な記事は削除したほうがいい理由
  • 削除・リライト対象の記事を見分ける方法
  • 削除・リライトどちらが適切か判断する方法

上記のとおり、SEOで検索上位に上げるために不要な記事は削除した方がいいということについて解説します。

Googleサーチコンソールやアナリティクスを見たら分かりますが、作ってきたコンテンツで見られていない記事があると思います。
SEOの観点からそのような記事は削除した方がいいです。

前半はSEOの観点から記事を削除した方がいい理由を、後半は削除しなくてもリライトで済む場合もあるのでその判断基準を説明します。

ちなみに僕の実績は下記の通りで、SEOコンサルやブログで稼ぐという観点でそれなりに実績があるので、その実績を元に解説をしていきます。

ミツキミツキ

  • ブログ歴:3年弱
  • ブログからの売上は毎月10~20万円前後
  • 企業向けのSEOコンサルとして40~60万円/月ほど稼いでます

今回解説する内容については、YouTube動画でも解説しているので、よろしければご覧ください。

キーワード選定のコツを無料公開中

SEOキーワード選定の方法
本当は公開したくないキーワード選定の方法を無料公開中!
キーワード選定が苦手という方は是非ご覧ください。

SEOにおいて不要な記事は削除したほうがいい理由

SEO記事削除 (1)-1

まず結論を言いますが、不要な記事は削除するかリライトした方がいいです。

その理由は、サイトを運営してSEOで検索上位に上げたい時にGoogleがどのような基準でサイトを判断するかと言うと、記事単位で見るというのはもちろんありますが、サイト全体で評価に値するコンテンツを作っているかを見ているからです。

なので、仮にいいコンテツがあっても、Googleから見て評価に値しないコンテンツが他にたくさんあるとそれが足を引っ張ってしまうことがあります。
そのため、
Googleから評価されていない記事は、削除したりリライトした方がいいと言えます。

それでは、どのように削除やリライト対象を選んでいけばいいのか解説していきます。

SEOに効果的!削除・リライト対象の記事を見分ける方法

SEO記事削除 (1)-2

削除もしくはリライトが必要と判断するためには、まずはGoogleから低評価を受けている記事を確認することが大切です。

それはGoogleサーチコンソールやアナリティクスで確認できます。

サーチコンソールを使う

1つ目はサーチコンソールです。

表示もされていない、クリックもされていない記事はGoogleから低評価を受けている可能性が高いです。

具体的な基準をはっきり示すのは難しいですが、他の記事と比べて明らかに表示やクリックが少ない記事は低評価を受けている可能性が高いと判断します。

アナリティクスを使う

2つ目はアナリティクスです。

仮にSEOで集客できていなくても、他の記事から内部リンクで繋がって見られていることもあります。そういった記事はGoogleからも高い評価を受けているので問題ありません。

しかし、アナリティクスで見てもアクセスがない記事はGoogleから低評価を受けている可能性が高いので、その記事は削除するかリライトした方がいいと判断します。

注意点

ここまで2つのツールを使った判断基準をお伝えしましたが、1つだけ注意点があります。それは、記事を書いてから半年以上経っているかを確認することです。

なぜなら、記事がGoogleから評価を受けるまでには時間がかかるからです。

Googleからの評価は最低でも3カ月、長い場合は1〜2年かかることもありますので、少なくても半年たってからクリックや表示、アクセスの有無を確認して削除またはリライトの判断をしてください。

削除・リライトどちらがSEOに適切か判断する方法

SEO記事削除 (1)-3

それでは、削除やリライトの判断基準について解説します。

1番大事なのは、同じキーワードで他に記事を書いているか否かということです。

もし別の記事でも同じようなキーワードで検索上位を取れているなら、評価されていない記事は削除してOKです。また、消す記事の中にいい部分があるなら他の記事にその部分を移植してから削除しましょう。

削除のポイント
  • WordPress内で記事を削除しただけではGoogleから見るとまだ記事が残っている状態になる。
  • Googleのインデックスからも記事を削除する必要がある。
  • 古いコンテンツの削除をGoogleに申請する。

      以下の画像がGoogleに削除申請ができるページです。ここにURLを入れてGoogleのインデックスから外してもらいます。

      SEO記事削除 (1)-4

      ※現在はGoogle search consoleにて行えます。

      ここまでが削除する記事についての解説です。

      リライトの判断基準
      同じキーワードで書いている記事が他にないならば、リライトをした方がいい。

      リライトの手順に関しては以下の動画や記事で解説しているので是非ご覧ください。

      まとめ

      今回はSEOの観点から不要な記事は削除すべきということを解説しました。

      ポイント
      • サーチコンソールやアナリティクスを用いてGoogleから見ても読者から見ても不要な記事を確認する。
      • 同じキーワードで書いている記事が他にあれば削除。
      • 同じキーワードで書いている記事が他になければリライト。

      サイトを検索上位に上げたければ必ずやらなくてはいけないことなので、しっかりと取捨選択をして削除もしくはリライトをしていきましょう。